概要

 「尾張名古屋は城でもつ」と言われる名古屋城の名物と言えば金のシャチホコ、鯱です。戦国期以降のお城では天守閣など主要な櫓の上にシャチホコが飾られていたようで、千代田城、現在の皇居にも火災で焼け落ちた天守閣のシャチホコが今も残されています。

縁起、ご利益

 金のシャチホコには金運や招福、縁結びのご利益があると言われているようですね。元々は火伏せの守護神として天守閣などに置かれたと言われています。

姿

 鯱(しゃち)と鯱(シャチホコ)とは全く形態が異なります。シャチホコは、頭は龍や虎をあしらっており、背にはとげ、胴体は魚、尾は空に向かってそそり立つように作られます。別に「しゃちがわら」とも呼ばれますが、この尾が鉾のようにみえるところから「しゃち(かわら)+ほこ」とされているようです。

観られる主な神社仏閣

皇居