東京十社

 東京十社は、明治維新によって、明治天皇が東京に奠都した際、明治元(1868)年10月17日、埼玉県の氷川神社の例大祭を新たに勅祭とするように定めました。更に11月8日、それまでの畿内二十二社などの勅祭社に併せた形で新首都である東京の近郊にある主要な神社を「准勅祭社」として
・東京の鎮護
・万民の安泰
を祈る神社としたのです。この当時、准勅祭社は
・日枝神社
・根津神社
・芝神明宮(現 港区 芝大神宮)
・神田神社
・白山神社
・亀戸神社(現 江東区 亀戸天神社)
・品川神社
・富岡八幡神社
・王子神社
・赤坂氷川神社
・六所神社(現 府中市 大國魂神社)
・鷲宮神社
の12社が指定されました。しかし、3年後の明治3(1870)年9月1日に准勅祭社は廃止、それぞれの神社は該当神社は府社あるいは郷社へと社格が与えられることになり、更には第二次大戦の終了に伴う形で、これらの社格も廃止されています。
 これに対して昭和50(1975)年に「昭和天皇即位50年」の奉祝として、元准勅祭社などで協議が行われ、12社のうち遠隔の六所神社、そして鷲宮神社の除いた、東京23区内の10社を巡る「東京十社巡り」が企画され、現在に至っています。

 実際に巡ってみると、赤坂氷川神社と日枝神社、白山神社と根津神社のようにとても近くに鎮座している神社もありますが、全体の距離は決して短くはなく、少なくとも2-3回に分けたほうが神社だけではなく、近隣の風景も楽しめるのではないでしょうか。

社号キャッチフレーズ鎮座地
富岡八幡宮江戸最大の八幡様東京都江東区富岡1-20-3
芝大神宮一千年の歴史を誇る東京都港区芝大門1-12-7
品川神社新東京八名所東京都品川区北品川3-7-15
赤坂 氷川神社赤坂の鎮守社東京都港区赤坂6-10-12
日枝神社皇城の鎮東京都千代田区永田町2-10-5
白山神社美しき紫陽花の名所東京都文京区白山5-31-26
王子神社開運除災・子育大願東京都北区王子本町1-1-12
根津神社日本武尊創祀の古社東京都文京区根津1-28-9
神田神社江戸総鎮守東京都千代田区外神田2-16-2
亀戸天神社亀戸の天神さま東京都江東区亀戸3-6-1

公式サイト