阿夜訶志古泥神

【別名、別記法】惶根尊、吾屋惶城根尊、吾屋橿城尊、吾忌橿城神、綾惶根尊、蚊雁姫尊、青橿城根尊

【祀られている主な神社】
各地の 第六天神社
東京都渋谷区 穏田神社

【神使】

神様メモ

ご神徳

神様について

 古事記、日本書紀に登場する兄・妹神です。兄は「おもだるのみこと」、妹は「あやかしきねのみこと」と言い、古事記では「淤母陀琉神」「阿夜訶志古泥神」、日本書紀では「面足尊」、「綾惶根尊」と書き表します。
 この神様は、神世七代の第6代で、淤母陀琉神の「おもだる」は「完成した」を意味し、阿夜訶志古泥神の「アヤカシコネ」は完成を「あやにかしこし」と美称したものだと言われています。このため、人の身体の完全性を神として崇めていることになります。
 神仏習合が進むと、神世七代の六代目ということから、欲界の六欲天の最高位「第六天魔王」の垂迹とされます。この事から、特に修験道での崇拝が多かったようです。しかし、明治の神仏分離が始まると、第六天魔王を祀る寺の多くが神社に変わり第六天神社や胡録神社、面足神社と社号が改められました。

関係する神様

淤母陀琉神(兄神)