彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)

神様の概要

【別名、別記法】火折尊、火遠理命、山幸彦

【祀られている主な神社】
神奈川県 箱根神社
山梨県笛吹市 甲斐奈神社

【神使】

神様メモ

「古事記」「日本書紀」に書かれた神様で、皇祖神の一柱とされます。瓊瓊杵尊と木花開耶姫の子が結ばれ、一夜にして身ごもったため瓊瓊杵尊が疑いを持ち、母は、誕生する子が天神(あまつかみ)の子であることを証明するために、無戸室(うつむろ)に籠もり、そこに火をつけ放って火中で子を産み落とします。そして、第一子が海幸彦で知られる火照命、第二子が火須勢理命、第三子が火遠理(ほおり)命とも呼ばれる山幸彦、彦火火出見尊です。なお、彦火火出見尊は初代 神武天皇の諱とされており、祖父である尊と孫の天皇が同一名となっています。
海幸彦である兄の釣り針を無くした事から、海神である塩椎神が現れて、綿津見神の宮へ行くよう助言を与えられます。その通りにすると海神の娘である豊玉姫命と結婚することになります。この宮で尊は3年を過ごすのですが、本来の目的は失った兄の釣り針を取り戻すことですよね。そして、その事を思い出して海神の助けもあり、鯛の喉に刺さっていた針を探し出して、再び、地上へと戻ります。
そして豊玉姫命との間に彦波瀲武鸕鶿草葺不合尊を設け、それが初代 神武天皇となるのです。
なお、古事記では、高千穂宮に580年も居住した後、崩じられると高千穂山の西に、日本書紀では久しくしてから崩じ日向の高屋山上陵に葬られたとされています。陵は九州各地に伝承があるようですが、高屋山上陵とされ、宮内庁では鹿児島県霧島市溝辺町麓の円墳とされています。

ご神徳

国家安寧五穀豊穣商売繁盛殖産興業酒造繁栄織物病気平癒
漁業振興安産祈願子宝子育て医薬身体健全長寿
疫病除け災難除け厄除け方除け祈雨家内安全畜産振興
勝負運受験学業成就芸能/芸術武道成就盗難除火伏せ
航海安全交通安全美容良縁祈願宝くじ武運長久旅行安全
福徳成就財運隆昌心願成就道開魔除け  

関係する神様

木花咲耶姫命:母神
瓊々杵命:父神
火照命:兄神
豊玉姫命:后神