木花開耶姫命

神様の概要

【別名、別記法】
木花之佐久夜毘売、木花咲弥姫命、神阿多都比売、豊吾田津媛命、神吾田鹿草津姫命、許乃波奈佐久夜比売命、木花咲夜姫、木華開耶姫、木花之開耶姫、木花開耶媛命、神阿多都比売、神吾田津姫、神吾田鹿葦津姫、鹿葦津姫、桜大刀自神、身島姫神、酒解子神 等

【祀られている主な神社】
静岡県富士宮市 富士山本宮浅間大社
山梨県富士吉田市 北口本宮冨士浅間神社

【神使】

神様メモ

 「浅間」とつく社号の神社で多く御祭神とされている木花咲耶姫。絶世の美女とも言われる女神様です。
 天照大御神の孫、邇邇芸命は日向に降臨すると笠沙の岬で木花咲耶姫に出逢い、一目惚れをしてしまいます。すぐさま求婚すると、木花咲耶姫の父である大山津見神も大歓迎。無事、結婚。で終われば良かったのですが、大山津見神は、木花咲耶姫と一緒に姉の石長比売とも差し出してくるのです。しかし、石長姫は木花咲耶姫とは違い醜い姿をしています。邇邇芸命は、その醜さを受け入れられません。結果、石長姫を大山津見神の元へと帰してしまい、木花之佐久夜毘売とだけ結婚してしまいます。
 さて、喜んで、二人の娘を差し出した大山津見神でしたが、一転です。怒りと共に「娘二人を一緒に差し上げたのは、石長姫を妻にすれば天津神の御子の命が岩のように永遠のものとなり、木花咲耶姫を妻にすれば木の花が咲くように繁栄するだろうと誓約を立てたのだ。木花咲耶姫だけと結婚すれば、天津神の御子の命は木の花のようにはかなくなる」と告げたのです。これ以来、子孫である天皇の寿命も神々ほどは長くないのです。
 さて、嫁入りをした木花咲耶姫は一夜にして妊娠します。傍から見ればおめでたいことですが、もう一方の当事者、邇邇芸命は深い疑念にとらわれてしまうのです。つまり元々、木花咲耶姫の近くにいた国津神の中の一柱の子ではないかと考えたのです。そこで木花咲耶姫は疑いを晴らそうと、誓約をして産屋に入り、「天津神である邇邇芸命の本当の子なら何があっても無事に産めるはず」だと、自らがいる産屋に火を放ち、炎の中で火照命・火須勢理命・火遠理命の三柱の子を産んだのです。炎の中で無事出産を終えた木花咲耶姫に邇邇芸命は謝罪せざるを得なかったそうです。
 そして、三柱の子のうち、もっとも後に生まれた火遠理命が後の初代天皇 神武天皇の祖父となる神様です。

 ただ美しいだけではなく、覚悟を決めれば強硬な手段を選ぶ女神様です。また、その覚悟から天皇家に繋がる血筋を産み出している国の礎ともなっています。この事から、子宝・安産などのご利益のある子安神社で祀られ、また業火に打ち勝ったことから火の神様として火伏せ、また更には大山津見神の娘の立場から噴火鎮火、火山の鎮めといった役割をにない、これが浅間神社での主祭神として祀られる理由かと思います。
 更には、芸能の神、酒造の神、養蚕の神という性質も兼ね備え、ムスビ(産霊)の御力として考え、モノを生み出す神ともされています。富士山を始め、火山と清水は関係性が強いものですが、木花咲耶姫も水を司る神とされており、これが転じて交通や流通の神ともされています。

ご神徳

関係する神様

大山津見神(父神)
邇邇藝命(夫神)
磐長姫命(姉神)