事代主命

神様の概要

【別名、別記法】恵比寿大神、八重事代主神、八重言代主神、玉櫛入彦嚴之事代神、都味歯八重事代主神、積羽八重事代主命、辞代主神

【祀られている主な神社】
静岡県三島市 三嶋大社
東京都渋谷区 恵比寿神社

【神使】

神様メモ

 大国主命と神屋楯比売命と古事記では、大国主命と高津姫神との子と日本書紀で表されている神様です。
国譲りでは、建御雷神と美保ヶ崎あったとき、国譲りの要求を承諾した事代主命は船を踏み傾け、天ノ逆手を打って青柴垣に変えて、その中に隠れたと言います。
 その後の事代主命は、余り語られていないようです。が、三嶋大社の御祭神に事代主命が祀られている理由となっているのが、国譲りの後、事代主命が伊豆で隠居のように過ごしていた事があるようです。
 でも神様ですから、ご隠居として悠々自適の生活をしていたのではなく、三島、伊豆の国造りを行っているのです。そのために三島に大きなお社が建てられ、祀られているんですね。
 
 事代主命には沢山の呼び名がありますが、特に有名なのが「恵比寿様」ではないでしょうか。「えびす」を「蛭子」とすれば「ひるこ」とも言われる伊邪那岐伊邪那美の最初の子としている場合があります。つまり大国主命ではないのです。この事から「えびす」が2つの系統をもっているとも言われます。が、七福神で「大黒」つまり大国主命の相棒のようになっている「恵比寿」を考えれば、事代主命が親子で仲良く宝船に乗っているようですね。

ご神徳

関係する神様

大国主命(父神)
建御名方神(弟神)
建御雷神(「国譲り」での相手)