瀬織津比売命

神様の概要

 大祓詞に登場する神様ですが、実は古事記・日本書紀には出てきません。スタートから、ちょっと謎めいた感じのする神様です。
 一般に水神として祓い、瀧、川を見守る神様とされます、また九州以南では更に広がり海神ともされています。
 さて大祓としてですが、人の穢れを早川の瀬で浄める女神様とされ、祓戸四神の一柱でもあります。ここから川を治める、つまり治水神とされるのですね。
 様々な古文書に瀬織津姫命を天照大御神の荒御魂と書き表しています。そして伊勢神宮公式の由緒書きに「その御魂をこのように二宮に並べてお祭りするのは、皇大神宮に天照大神を、同別宮に天照大神の荒御魂を奉祀する姿の古い形と言われています」と書かれていて、正宮は今のように式年遷宮で位置を替えるのではなく、東に位置する正宮に天照大神、西に位置する正宮は瀬織津姫を常時、祀っていたと思われます。
 天照大御神の荒御魂、特殊な役割を与えられた神様とも言えるのかもですね。

【別名、別記法】瀬織津比咩、瀬織津比売、瀬織津媛

【祀られている主な神社】
兵庫県神戸市 六甲比命神社
東京都多摩市 小野神社

【神使】

神様メモ

ご神徳

関係する神様

速開都比売神
気吹戸主神
速佐須良比売神