少名彦命

神様の概要

【別名、別記法】
少名毘古那神、須久奈比古命、天少彦根命、須久那美迦微、少日子根

【祀られている主な神社】
山梨県甲府市 金櫻神社
東京都新宿区 鎧神社

【神使】

神様メモ

 古事記では、天乃羅摩船に乗って鵝の皮の着物を着て波の彼方より来訪した少名彦命は、神産巣日神の命によって大国主命と義兄弟の関係となり、大国主命の国造りに参加した神様です。日本書紀での記述では、衣装がミソサザイの皮の着物となっています。
 こうした記紀以外にも「播磨国風土記」や「伊予国風土記」、また山陰や四国、北陸など地方伝承にも登場する少名彦命ですが、大国主命との関係から国造りの協力神の他、常世の神であり、医薬・温泉・まじない・穀物・知識・酒造・石の神など様々なご利益に関わりを持っています。特に酒が薬の一種とされた古代、酒造りの技術を広く伝えた少名彦命が医薬のご利益をも司っているのですね。

ご神徳

関係する神様

大国主命