地蔵菩薩

梵名

クシティガルバ

真言

・オン・カカカ・ビサンマエイ・ソワカ

概要

 梵名のクシティは大地を、ガルバは胎内や子宮を意味し、ここから「地蔵」と訳されています。他に持地、妙憧、無辺心と訳される事もあります。
 この名が示すとおり、大地が命を育む力を持っているように、人間が苦悩する姿を無限の大慈悲で包み救ってくださるされます。また弥勒菩薩が現世に現れる56億7000万年後まで、仏がいない現世において命あるものすべてを救済する役目を担っている菩薩でもあります。

由緒

 釈迦の入滅後、弥勒菩薩が現世に出現するまで、六道すべての衆生を救う菩薩です。
 中国では閻魔大王と同一だという信仰が広まり、冥府を司るとされており、日本では、ここから更に、たった一回でも手を合わせると身代わりとなって地獄での苦しみから救うとされてもいます。

 また、この死生観や医療の発達する以前には子供の守護尊、子育ての守護と考えられ「子安地蔵」と呼ばれる子供を抱く地蔵菩薩や子育て地蔵尊などが盛んに建立されていました。更に転じて小僧の姿を使った絵図や立像も多くあります。
 子供守護の観点は、賽の河原で苦役にあえぐ子供を守る姿は代表的で、古くから

♫一重組んでは父のため 二重組んでは母のため♫

で有名な「西院河原地蔵和讃」などで民間に広く知れ渡り、子供、また水子供養と言う場面での「地蔵」に対する信仰が強まりました。

 交通が不便な時代、大寺院への参詣に代わる簡易な参拝先として置かれた身近な仏像としての道祖神は、今でも、あちこちで見られますが、地蔵を象ったものも多く見られます。この場合、神道との混同や地域の独自の民間信仰の意味合いなども併せ持つようになります。その中で、病気快癒の成就が喧伝され参拝客を増やす(例:とげぬきなど)や民話から有名になったものなどもあります(例:六地蔵)があります。

お姿

守本尊

ご利益など

無病息災、五穀豊穣、交通安全、安産、子授け、子育て守護、先祖菩提、戦勝祈願、水子祈願

『地蔵菩薩本願経』と言う経典には、善男善女のため28の利益と天龍鬼神のための7種利益が説かれているそうです。以下を見ていただくと分かる通り、これが様々なご利益に通じているのです。

28の利益には

  • 天龍護念:天と龍とに守護をしてもらえる
  • 善果日増:善い行いからのむくいが日毎に増える
  • 集聖上因:悟りに至る因縁が集まってくる
  • 菩提不退:悟りの境地から退転しない
  • 衣食豊足:衣食物に不自由しない
  • 疾疫不臨:病気に罹らない
  • 離水火災:水・火災に遭わない
  • 無盗賊厄:盗賊の災厄に遭わない
  • 人見欽敬:人々から敬意をもって見られる
  • 神鬼助持:神鬼に助けられる
  • 女転男身:女性から男性へと転化する
  • 為王臣女:王・臣の令嬢となる
  • 端正相好:端正な姿となる
  • 多生天上:天上界に生まれる
  • 或為帝王:人間界に生まれれば帝王となる
  • 宿智命通:過去世を知る智慧を持ち、過去世に通じることができる
  • 有求皆従:求めがあれば皆が従う
  • 眷属歓楽:眷属が喜ぶ
  • 諸横消滅:様々な理不尽な事が消滅する
  • 業道永除:地獄などの悪い場所に生まれ変わらせる業道が永く除かれる
  • 去処盡通:赴いた場所でうまくいく
  • 夜夢安楽:睡眠では安らかな夢を見ることができる
  • 先亡離苦:先祖の魂が苦しみから解放される
  • 宿福受生:過去に なした善行によって良い生まれを受ける
  • 諸聖讃歎:諸聖人に讃えられる
  • 聰明利根:聡明で利発になることができる
  • 饒慈愍心:心に慈悲が満ち溢れる
  • 畢竟成佛:必ず仏成する

天龍鬼神のための7種利益には以下があります

  • 速超聖地:今よりも優れた境地へ速やかに進める
  • 悪業消滅:悪い業が消滅する
  • 諸佛護臨:諸々の仏に護られる
  • 菩提不退:悟りの境地から後退しない
  • 増長本力:本来持っている能力が増強される
  • 宿命皆通:過去世の全てに通じることができる
  • 畢竟成佛:必ず成仏する

ご本尊としているお寺の例

高岩寺(とげぬき地蔵) 豊島区