観世音菩薩

梵名

アヴァローキテーシュヴァラ

真言

・オン・アロリキャ・ソワカ(聖観世音菩薩)

概要

 観世音菩薩。他に観自在菩薩や救世菩薩など多くの別名のある菩薩様で、一般的に「観音様」で馴染み深い仏様です。
 観音様の特徴として広く人々の機根と言われる性格や仏の教えを受け入れるための器に応じて、様々なお姿になって現れる「普門示現」というものがあります。仏教では33に因んだものが見受けられるのですが、これは聖数として扱われているからだと言われます。そしてのその理由は、普門示現を説いた法華経の「観世音菩薩普門品第二十五」や密教典「摂無礙経」で「仏身」「声聞身」「梵王身」をはじめとして観音様が33の姿に変身するとされるということだとされているようです。

由緒

 人々を常に「観」ていて救いの声(=「音」)があれば瞬く間に救済すると言う意味がお名前の由来と言われる観音様はお地蔵様と並んで日本で広く親しまれている仏様ですし、大乗仏教の中で重要な仏様とされています。ただ、その存在を地球儀で見てみると、少し違いがあるようです。
 観音様は古くサンスクリット語で書かれた経典が存在し、古くから信仰の対象となっていることが判ります。その一方でお地蔵様は漢文で書かれた経典には登場しますが、サンスクリット語やチベット語で書かれたものは見つかっていないそうです。そのことからお地蔵様に対する信仰の篤さは漢文文化圏に偏ると言われています。
 また、観音様は女性的な容姿をしていることも多いのですが、梵名のアヴァローキテーシュヴァラは男性名詞なのだそうです。ですが、これも中国に伝わるに連れ、女性の姿に变化して説法すると言われるようになり、次第に無性別化した上、更に媽祖信仰とも結びついて女性化していったとも言われています。

お姿

 先程書いたように、普門示現で様々なお姿が見られます。その中には十一面観音など人間ではありえないお姿のものもありますが、ここでは一面二臂という人間のお姿をした「聖観音」を取り上げます。
 一面二臂でご修行中と言うこともあり、宝冠や首飾りなどを身に付けた華やいだ服装の菩薩形となっています。また持物は左手に蓮華を持つお姿が一般的ですが、これが決まりごととはなっていないようです。蓮華の他、水瓶を持物する事もあるようです。但し、左手に未開敷の蓮華を胸前に、右手を胸前にたてその花びらを開こうとする胎蔵曼荼羅中台八葉院・蓮華部院のお姿が正統とされているようです。
 様々なお姿があるため、時に観音なのか他の菩薩像なのかを区別することが難しいこともありますが、頭髪部の正面に化仏と言われる小像に本地仏の阿弥陀如来の置いていることが特徴ということです

観音様の变化

六観音

あらゆるいのちが6つの世界で生まれ変わりを繰り返すという六道輪廻の考えに基づいて、それぞれの世界(道)に対応した観音様がそれぞれの道に迷う衆生を救うと言われています。

六観音 一覧(真言宗)

  観音様 六道
1 聖観音 地獄道
2 十一面観音 畜生道
3 千手観音 修羅道
4 馬頭観音 畜生道
5 如意輪観音 人道
6 准胝観音 天道

※天台宗では准胝観音の代わりに不空羂索観音が入ります

守本尊

子年(千手観音)

ご利益など

苦難除去、現世利益、病気平癒、厄除け、開運、極楽往生など

ご本尊としているお寺の例

世田谷山観音寺 世田谷区
清水寺 京都府京都市