白衣観世音菩薩

サイト管理者からのお願い
 このサイトは個人で作成運営しております。至らぬところから誤記等がありましたら問い合わせよりご連絡を頂きたくお願い致します。
 また運営費用捻出の為、可能でしたら表示される広告のクリックを頂けますと幸いです。なお広告はGoogle社より提供されているものであり、一定の審査を経ての表示となります。

梵名

パーンダラヴァーシニー

真言

・オン シベイテイ シベイテイ ハンダラ バシニ ソワカ

概要

三十三観音の一尊である白衣観音菩薩。一般に女性的に見える観音様ですが、性を調節した存在とされています。しかし、白衣観音は阿弥陀如来の明妃つまり后様とされています。
つまり女性としての変化身ということですね。そのため、白衣観自在母、白衣母、白衣明妃と言った明らかに女性を指す別名を持つ他、大白衣観音、白処と呼ばれることもあります。

由緒

単に観世音菩薩の変化身ではなく、もともとはインド神話に登場した女神だったようです。それが仏教に取り入れられ、観世音菩薩の母親であり、更には中国大陸で変化身とされ、江戸時代には三十三観音の一尊として日本国内で定着したようです。

私見ですが

画像は、吉原弁天社にある白衣観音像です。弁天社が関東大震災で不幸にして亡くなった遊女たちを慰めるために建立されたものですが、その境内で最も大きな建立物が白衣観音のお姿です。ぞっとするような視線を感じるとても美しい像であり、また観世音菩薩の慈悲心を顕した少し悲しげな表情が印象的です。そして、この像が私の中では白衣観音の代表的な存在になっています。

お姿

一面二臂、衣を着てベールのような布で頭が覆われています。この姿は唐で発案されたようで、インド風の様式とは少し異なります。また持物などは持たないことも多いようですが、曼荼羅では右手は与願印を結び、左手は蓮華を持って座像として描かれます。一方、造像される場合には立像が多いようです。

守本尊

なし

ご利益など

息災除病、子受け、安産

ご本尊としているお寺の例

吉原弁天社 台東区

徳蔵寺 東村山市