虚空蔵菩薩

こくうぞうぼさつ

梵名

アーカーシャガルバ

真言

・オン・バサラ・アラタンノウ・オン・タラク・ソワカ

概要

「宇宙のような無限の智恵と慈悲を持つ」を意味する「虚空蔵」を関する虚空蔵菩薩。智恵・知識・記憶などのご利益をもたらす菩薩として知られています。
 虚空蔵菩薩のご真言を100万遍唱える虚空蔵求聞持法があり、これを行うと無限の記憶力と仏の智慧を体得できるといわれます。

由緒

 虚空蔵求聞持法は、弘法大師の他、日蓮上人も行ったと言われる修法で、これから派生したのでしょうか京都嵐山の法輪寺では13歳の少年少女が菩薩から智恵を授かるため「十三詣り」という祭事が行われています。
 また、増益(ぞうやく)や除災を願って行う修法の本尊である五大虚空蔵菩薩があります。虚空蔵菩薩の智恵を五方に配するため、5体の群像として表現し金剛界五仏に変化させたものです。
 古くは虚空の「空」は、地蔵の「地」と対で考えられたことがありましたが、地蔵菩薩の独自の信仰が広まったこともあり、現代では対で祀られる事はほぼありません。

お姿 

 一面二臂の菩薩像です。右側の手には剣を、左手に如意宝珠を持たせ、五仏宝冠を頂いた姿が一般的です。

守本尊

丑・寅年

ご利益など

成績向上、記憶力増進、頭脳明晰、商売繁盛、技芸向上

ご本尊としているお寺の例

京都府 京都市 法輪寺
東京都 世田谷区 大空閣寺