大威徳明王

梵名

ヤマーンタカ

真言

・オン シュチリ キャラロハ ウン ケン ソワカ

概要

 ヤマーンタカは死神ヤマをも降す者を意味しており、降閻魔尊ともよばれます。阿弥陀如来あるいは文殊菩薩の化身といわれ、名前の通り威厳と仁徳がそなわり毒蛇や悪竜を打ち倒すとされています。

由緒

 チベットには文殊菩薩が水牛顔の悪鬼を退治するために、大威徳明王の姿で戦ったという伝説があります。特徴でもある明王がまたがる水牛は、このときのものかもしれませんね。
 五大明王の一尊として西方守護の役割を担っています。
 このため単独ではなく、不動明王など共にお祭りされることが多いようです。普段お参りしているお寺の御本尊が不動明王の場合、その両脇に4尊がお祀りされていれば、五大明王の可能性がありますね。

お姿

 六面六臂六脚の姿で、神使である水牛にまたがって表現されているのが一般的です。大威徳明王脚の際立った特徴が、脚を多数持っていることにあります。
 六面は地獄・餓鬼・修羅・人間・天上の六道を見渡していることを、また六臂は2手で大威徳明王の根本印を結び、残り右2手で剣と棒を、左の2手は三叉戟と輪を持っています。これが法を守護するため武器を多数持っている姿を表しています。更に六脚は六波羅蜜(布施、自戒、忍辱、精進、禅定、智慧)を怠らず歩み続ける決意の表現と言われています。

守本尊

酉年

ご利益など

戦勝祈願、煩悩除去

ご本尊としているお寺の例

神奈川県鎌倉市 明王院