降三世明王

梵名

トライローキヤ・ヴィジャヤ

真言

・オン・ニソムバ・バサラウンパッタ

概要

 降三世夜叉明王や勝三世明王とも呼ばれ、五大明王では東に配置されます。阿閦如来の化身とされます。

由緒

 梵名のトライローキヤヴィジャヤは三界の勝利者を意味していて、ヒンドゥーの最高神シヴァを倒した伝説に由来します。 シヴァは、その妻パールヴァティーと共に「過去・現在・未来の三つの世界(三界)を収める神」としてヒンドゥー教における最高神です。
 仏教の考え方では、大日如来がヒンドゥー教の世界を救うためにシヴァの改宗を求めました。そのため、配下の降三世明王を派遣して、シヴァとパールヴァティーを超力によって降伏し、仏教へと改宗させたと言います。この事から、「三つの世界を収めたシヴァを下した」明王とされ命名されています。

お姿

 四面八臂を持ち、八臂のうちの二つの手で降三世の印を結び、残りの手で弓矢や矛などの武器を構えています。
 両足は倒れた大自在天(シヴァ)と妻烏摩妃(パールヴァティー)を踏みつけ、降伏させた様子を表しています。

守本尊

なし

ご利益など

煩悩除去、怒りを抑える、悪魔退散

ご本尊としているお寺の例