金剛夜叉明王

趣味の仏像(国立国会図書館デジタルライブラリ)

梵名

ヴァジュラヤクシャ

真言

・オン バサラ ヤクシャ ウン

概要

金剛夜叉明王。元々は、人を襲って喰べるという恐怖の魔神である夜叉でした。これが仏、明王となったのは、大日如来の威徳によるものとされ、ここから善に目覚めたのだとされます。

由緒

 梵名の意味は「雷=どのような障害をも貫く聖なる力を持つ神」で、金剛杵の威力を具象化しているとされます。
 金剛杵は、バラモン教の最高神である帝釈天も持っている武器で、雷を起こす力をもっていると言われます。
 五大明王の一尊としてで北方に配置されます。 

お姿

三面六臂のお姿で、三面のうち正面の顔には5つの目があります。このうち、下側2つの目で嘘を見抜きます。そして五眼の顔を持つ明王は金剛夜叉明王だけです。六臂のうち、右の3つの手は金剛杵、金剛鈎、矢、剣を持ち、左の3手は金剛鈴、弓、輪を持っています。
なお、一般に「金剛」はダイアモンドを意味しています。

守本尊

ご利益など

息災健康、怨敵退散

ご本尊としているお寺の例