宝生如来(ほうしょうにょらい)

梵名

ラトナサンバヴァ

真言

・オン・アラタンノウ サンバンバ・タラク

概要

 密教の金剛界五仏の一で、金剛界曼荼羅では大日如来の南方に位置する仏様です。5つの知恵のうち「平等性智」を表しています。この知恵は、全ての存在には絶対の価値がある、一切の垣根を取り払い全ての現象・事物を平等に観ることを意味しています。

由緒

 漢字で示すように「宝よりうまれたもの」とされ、財宝などの福徳を人々に授けるというありがたい仏様です。
 五智如来の一尊として信仰されることが多く、単独で本尊とされている寺院はまれなようです。

お姿

 さて像容ですが、左手は衣の端を握っていて、与願印という右手の掌を前に向けて下げる印を結びます。
 このお姿は人々の願いを聞き入れ、望むものを与えようとする身振りを表しているそうです。

守本尊

なし

ご本尊としているお寺の例

ご利益など

関連

五智如来