釈迦如来

梵名

ゴータマ・シッダッタ

真言

・ナウマク・サマンダ・ボダナン・バク

概要

 釈迦如来は、仏教の開祖である釈迦を指します。上座仏教では唯一の仏とされます。
 釈迦如来とは開祖である釈迦が悟りを得た姿をあらしたものです。

由緒

 釈迦は母マーヤーの右脇から生まれると、すぐに7歩進んで天地を指さし「天上天下唯我独尊」と話しました。この時の右手を上、左手を下へ向け直立した様子を現した姿を、誕生釈迦仏と呼びます。
 釈迦は29歳で出家し、35歳で悟りを開き真理に目覚めます。これ以後、仏陀や釈迦牟尼世尊あるいは釈尊、如来など様々な呼ばれ方をしています。この29歳、唯一の嫡子であるラフーラが生まれて直後だだそうです。出家から悟りを開くまでは断食を始め様々な苦行に明け暮れてもいるのですね。
 そして80歳まで修行と説法を行い沙羅双樹の下で入滅します。

お姿

 髪形は俗に「パンチパーマ」とも言われるように細かくカールした螺髪とスタイルです。
 一方で装飾品は付けていません。
 姿勢は、釈迦が説法を説いている姿が最も馴染み深いものですが、天上天下唯我独尊を現した誕生像や、断食でガリガリになった苦行象、右手指を下に向け地面に触れている印(降魔印)を結び、修行の邪魔をしようとした悪魔を追い払った姿を表す降魔像、入滅する姿を現す涅槃像もあります。

守本尊

ご利益など

ご本尊としているお寺の例