不動八大童子

サイト管理者からのお願い
 このサイトは個人で作成運営しております。至らぬところから誤記等がありましたら問い合わせよりご連絡を頂きたくお願い致します。
 また運営費用捻出の為、可能でしたら表示される広告のクリックを頂けますと幸いです。なお広告はGoogle社より提供されているものであり、一定の審査を経ての表示となります。

梵名

不明点が多いため、現段階で記載できません(工事中)

真言

・下記参照のこと

概要   

 不動明王の眷属、脇侍である八尊の童子で「八童子」とも呼ばれます。

  1. 慧光童子(えこうどうじ):おん まかあらぎゃ ばさら うしゅにしゃ ばさらさたば じゃうんばんこ
  2. 慧喜童子(えきどうじ):おん らたのう まていばど まかまに まく
  3. 阿耨達童子(あのくたどうじ):おん はばな さなば かはら しゃみのう まかだるま さん
  4. 指徳童子(しとくどうじ):おん きゃらま まかべいりや はりふらきゃ まん
  5. 烏倶婆誐童子(うくばがどうじ):おん ばざらさとば うくばぎゃ まかそうきゃ た
  6. 清浄比丘(しょうじょうびく):
  7. 矜羯羅童子(こんがらどうじ):おん だらま こんがら ちしゅた さら
  8. 制多迦童子(せいたかどうじ):おん きゃらま せいたか うんばった なん

よく、不動明王の脇に二尊の童子像が置かれていることがありますが、それは、この中の矜羯羅童子と制吒迦童子のお姿です。

私見ですが

 うーん。正直、調べるのが大変です(心情吐露)。まず、真言が判りません。秘要法品は大正大学が公開しているので調べられたのですが、原典が漢語のため、真言の音写をどのようにカナに置き換えれば良いのか、更には「*」で古字が潰されている場合もあり、少し時間を作って調べる必要がありそうです。
ただ、世田谷観音寺では、秘仏の不動明王と共に脇侍として、八童子が安置されているので、毎月28日のご法要で聴いているはずなのに…お恥ずかしい。

由緒

中国で撰述された「聖無動尊一字出生八大童子秘要法品」(略して「秘要法品」)という経軌をよりどころとしています。

その「秘要法品」(写真右)には八大童子(どうじ)が不動明王より出生し、仏の智恵である四智と、金剛界大日如来の周りを取り囲む四波羅蜜(しはらみつ)菩薩の役割を司ることが説かれます。さらに八大童子の真言・像法(姿)・供養法についても記されています。

お姿

高野山霊宝館の資料を拝見すると、モチーフにしている姿は15歳ぐらいの童子とされています。寺院によっては、更に幼い姿とされている場合もあります。
乗り物や持物については、各尊により異なります。

守本尊

なし

お祀りしているお寺や神社の例


東京都世田谷区 観音寺

ご利益など