梵天

梵名

真言

・ノウマク サマンダボダナン ホラカンマネイ ソワカ

概要

 ヒンドゥー教の造物神、ブラフマーが仏教に帰依し梵天と呼ばれています。サンスクリット語を梵語とも言いますが、これはサンスクリットの起源がブラフマーとする事から由来しています。

由緒

 サンスクリットの創造神 ブラフマーは仏教に帰依してからは仏法の守護を行うものとして、四天王の帝釈天とコンビを組んだ形で如来や菩薩、明王を守護する存在となっています。悟りを開いた釈迦に対し、その内容を自分だけで独占するのではなく、多くの人に伝えるよう勧めた存在でもあります。
 ところで「梵天」と検索すると「耳かき」が出てくることはご存知でしょうか?古来からの耳かきについている鳥の羽毛などを使ったフワフワ。これが梵天です。こう言われる理由は、どうやら梵天袈裟と呼ばれる修験者が使っている袈裟です。この梵天袈裟には綿帽子のような房がついていて、これに似ていることから「梵天」と呼ばれるようになったと言われています。

お姿

 普通の人間と変わらない姿で作られたお姿、あるいは4本の腕で4面の顔の像容の場合がある。もともとのブラフマーが4つの顔と4本の腕で描かれる事から、後者がより原初の姿を模しているのかもしれません。人間のような姿で作像される場合、唐代の貴人の衣装をまとっています。
 また座像の場合、数羽のガチョウに乗っているのが多いと思われます。もともとは創造神とも言われた梵天が何故、ガチョウなのか?と疑問を持たれるかも知れませんが、古代インドでガチョウは聖鳥とされていました。そして純粋なる神の知恵を象徴ともされ、宇宙の真理を司る神の乗り物となったと言う経緯があるようです。そして、その姿がそのまま仏教にも取り入れられたと思われます。

守本尊

なし

ご本尊としているお寺の例

ご利益など

仏教守護、国土安穏、立身出世