吉祥天 きっしょうてん

サイト管理者からのお願い
 このサイトは個人で作成運営しております。至らぬところから誤記等がありましたら問い合わせよりご連絡を頂きたくお願い致します。
 また運営費用捻出の為、可能でしたら表示される広告のクリックを頂けますと幸いです。なお広告はGoogle社より提供されているものであり、一定の審査を経ての表示となります。

ご利益満載の美女神さま

梵名

シュリー・マハーデーヴィー

真言

・オン マカ シュリエイ ソワカ

概要

 吉祥とお名前もめでたさ満載の吉祥天様は美女の代表として信仰されています。

由緒

 ヒンドゥー教では母は鬼子母神、夫には毘沙門天というエリート一家で暮らされています。これが大自在天や毘沙門天などと共に早い段階で仏教に取り込まれます。
 密教の経典「大吉祥天女十二契一百八名無垢大乗経」では、将来、成仏し吉祥摩尼宝生如来になるとされる、自身もエリートコースを歩んでいるのです。
 日本では朝廷との縁も深く、天河大弁財天社の創建を行った天武天皇は天河の上空での天女(吉祥天)の舞いを吉祥の象徴として、役行者とともに伊勢神宮内宮に祀られる女神([天照坐皇大御神荒御魂瀬織津姫)を天の安河の日輪弁財天として祀ったそうです。そして七福神の一神ともされていたと言われます。ただ天河大弁財天社というように徐々に弁財天と混同される事が増え、七福神の女神の座も弁財天が座るようになってしまいました。
 またエリート一家と書きましたが、妹さんのお名前は黒闇天と言い、災いを呼ぶ神様とされています。何となく木花咲耶姫命と磐長姫命のような両極性を感じさせる家族構成ですね。

お姿

唐風の貴婦人を模して優雅な衣装を着ており、全ての願いを叶える如意宝珠を手に持っています。

守本尊

なし

ご本尊としているお寺の例

・清土鬼子母神堂:本尊ではありませんが、雑司が谷七福神の一つとして吉祥天をお祀りしています。

ご利益など

財宝金銭、五穀豊穣、商売繁盛、天下泰平、家内安全