広目天 こうもくてん

梵名

ヴィルーパークシャ

真言

・オン・ビロバクシャ・ノウギャ・ヂハタエイ・ソワカ

概要

 四天王の一尊である広目天。東京では、単独でご本尊としているお寺は無いようです。

由緒

 元は梵天の配下、仏教に帰依してからは白銀埵に住み、西側、西牛貨洲を守護するとされます。
 梵名のヴィルーパークシャは「種々の眼をした者」や「不格好な眼をした者」を意味しているそうですが、これが転じて「尋常でない眼」「特殊な力を持った眼」と理解されて広目天と訳されたそうです。
 別名に毘楼博叉とされることもあります。

お姿

 全身を甲冑で包み、右手に三鈷戟、左手は拳にして右腰に置いています。また、羂索を持っっていることもあります。中には邪鬼の上に静かに立ち、筆と巻物を持つ姿で表現されることもあります。

守本尊

なし

ご本尊としているお寺の例

ご利益など

国家安寧