弁天神社・八海山神社

御由緒

詳しい御由緒は不明ですが、弁天神社は海苔の神様、八海山神社は塩作りの神様として2つの神社が一つの境内地に祀られている少し不思議な神社です。
 市寸嶋姫命は弁財天として有名ですが、もう一方の八海山堤頭羅は耳に馴染みのない神様です。
 この神様、「八海山」から新潟八海山からの勧請のように見えますが、木曽の御岳山から勧請された神様かもしれません。

神社概要

【御祭神】 市杵嶋姫命(弁天神社)、八海山堤頭羅(八海山神社)

【社殿】

【鎮座地】 神奈川県川崎市川崎区観音2-1-60

【アクセス】 京浜急行大師線 川崎大師駅から徒歩16分

【創建】不詳

【社格】

【境内社】

【例祭】

【氏子】

【ご朱印】

※ 特記なし

【ご朱印帳】

【HP】 

【SNS】 なし

地図

神社お得意のご利益

製塩(八海山神社)、海苔栽培(弁天神社)

ひと足伸ばして

ギャラリー

参拝記

 御祭神の弁天様は理解しているつもりですが、「八海山神社」は全く想像がつかないままの参拝でした。このために外観には全く想像力が働かないままです。が、実際に参拝してみてちょっと驚きが。一つは紅白に塗り分けられた鳥居です。赤い鳥居は、稲荷神社などでおなじみですが、白、しかもここまで白い鳥居は記憶が無いんです。
 そして、この鳥居と社殿が2つ仲良く並んだ図も境内社同士ならともかく、主格の社が2つならんでいるのも、かなり珍しい。
 色々不思議な神社です。