成田山 横浜別院 延命院(野毛山不動尊)

サイト管理者からのお願い
 このサイトは個人で作成運営しております。至らぬところから誤記等がありましたら問い合わせよりご連絡を頂きたくお願い致します。
 また運営費用捻出の為、可能でしたら表示される広告のクリックを頂けますと幸いです。なお広告はGoogle社より提供されているものであり、一定の審査を経ての表示となります。

御由緒

横浜の成田山、成田山 横浜別院 延命院は関東三十六不動尊の霊場「野毛山不動尊」としても知られています。
このお寺が出来たのは、江戸の鎖国の時代が終わると共に始まっています。新政府が治める御代となり、横浜はのどかな漁村から東京から最寄りの「国際港」と役割が変わります。すると、周囲からの人口流入が起きて、その中には成田不動尊を信奉する東京や千葉の人々が多くいらっしゃいました。そして、この人達の熱意によって成田山から分霊が為されて、明治3(1870)年、普門院の境内内に遥拝所が建立されたのが今に至る野毛山不動尊の始まりです。

易断の高島嘉右衛門との関係

この遥拝所建立には、易学家で高島易断で有名な高島嘉右衛門が非常に大きな役割を果たしています。現在は占いの大家で有名ですが、その一方で事業家、起業家としても有名で、次姉の養子などにより実家が抱えていた莫大な借金を20代のはじめに返済し終えるなど、非常な才覚に恵まれていたようです。
一時は、投獄もされた嘉右衛門ですが、開港された横浜に江戸所払いとなって移り住むや材木商を始め、これが起点となってイギリス公使館の設計、建築を請負い、ここから多くの外国人の住居などの施工に携わることで財を成していきます。また高島屋という大きな旅館を作り、この得意客だった大隈重信や伊藤博文とも親交を結びます。そして横浜の埋め立てなどの公共事業も行うなど、横浜の発展に大きく寄与した人物でもあるのです。
そして、遙拝所建立に当たっても、嘉右衛門の協力なくして出来なかったようです。

遥拝所から別院へ

遥拝所は成田山の観音院に安置されていた不動明王像を移して落慶となります。ただ、このお不動様がただ者ではないのです。元々、徳川家の秘蔵仏だったものを元禄年間(1688年〜1704年)に成田山新勝寺へ徳川家が累代祈願を懇願した時に御下賜されたもので聖宝という僧侶、諡号を理源大師の作と伝えられものです。聖宝とは何とも凄いお名前ですが、それもそのはずで、平安時代の宇多天皇の玄孫であり、真言宗醍醐山の開祖でもあるのです。その高僧が手塩にかけ、長い歴史を経て伝えられてきたお不動様ですから、ありがたいことこの上なし!ですね。
さて、お寺に話を戻します。この後、徐々に手狭になると明治9(1876)年、現在地へと移動し「成田山教会所」と改められます。この土地、嘉右衛門が提供したというのですから、嘉右衛門自身が篤い信仰心を持っていたことも判りますね。そして翌年には本尊が遥拝所から教会所へと移され、明治26(1893)年、号を「成田山 延命院」とし、一つのお寺として成立しています。この「延命院」は成田屋の宗家、七代目の市川團十郎が天保の改革で江戸所払いになった折に世話になった成田山新勝寺の境内にあった「延命院」に由来していると言います。

そして今

決して、古刹というほどの歴史はないお寺ですが、建立以来、横浜の市街地を見下ろす高台にある境内からの景色は、途轍もなく変わっているでしょう。そして、本堂も現在はコンクリート作りの近代的なものですが、お堂の中に入ると、御本尊が、そして、御本尊を一周できる順路には夥しい数の不動明王座像が置かれています。自身の易断で事業を成功させてきたという高島嘉右衛門は、このお寺、そして横浜の未来をどう見ているんでしょうか?
坂道が多く、決して楽な行程ではありませんが、聖宝の業や高島嘉右衛門を想像しながら、是非、参拝して頂きたいお寺です。

私見ですが

日ノ出町駅から徒歩で行くとGoogle Mapに頼らなくても判る目立つ「成田山」の看板。そして、その看板が示す道は猫が集会を開きそうな裏路地。心細くなりながら、その路地を抜けると、隣の萬徳寺と共に、一気に聖域感が広がります。ご本尊だけを拝むもよし、じっくりと堂内を巡るもよし。近くの萬福寺、伊勢山 皇大神宮を併せて参拝するもよし。とても良い神社仏閣巡りができますよ!

お気に入り度
 ★★★★
雰囲気
 ★★★
アクセス(駅近、駐車場など)
 ★★★

寺院概要

【山号/院号】 成田山/延命院

【宗派、御本尊】真言宗智山派/不動明王

【所在地】 神奈川県横浜市西区宮崎町30

【アクセス】京浜急行電鉄 日ノ出町駅から徒歩9分
      JR 京浜東北線、根岸線 桜木町駅から徒歩8分

【開山】 明治3年(1870年)

【ご朱印】 あり

※  複数種あり

【ご朱印帳】あり

【HP】 オリジナル

【SNS】 なし

地図

お寺得意の御利益

諸願成就

参拝記

ひと足伸ばして

ギャラリー