忍東照宮

御由緒

 忍東照宮は家康公の娘、亀姫が父の肖像を頂き、後に子の松平忠明公に伝え、寛永2(1625)年、大和国郡山城内に創建し、その後、文政6(1823)年に末裔である奥平松平家の松平忠堯の時代に桑名藩から忍藩への移封された事に伴って忍城下に遷座しています。その後、慶応4(1868)年には鳥羽・伏見の戦の折には、大坂蔵屋敷内の東照宮を合祀しています。
 明治4年(1871)、藩主が東京に移住することになり祭祀断絶の危機を迎えますが、旧藩士らにより、明治7(1874)年に下荒井から、本丸の一部である諏訪郭内の忍東照宮境内一隅に本殿を遷座させ、明治33(1900)年に藩祖であり建立の祖でもある松平忠明公を配祀しています。
 現在の本殿は文政六年建立の白木の入母星造りで、内陣に県重要文化財の家康公肖像と大坂東照宮にあった神像が祀られており、拝殿は昭和五年に建立されたものとなっています。

お気に入り度
 ★★★
雰囲気
 ★★★
アクセス(駅近、駐車場など)
 ★★★

神社概要

【御祭神】 徳川家康公、松平忠明公、八幡大神

【社殿】

【鎮座地】 埼玉県行田市本丸12-5

【アクセス】秩父鉄道 行田市駅から徒歩10分

【創建】 寛永2(1625)年

【社格】

【境内社】 護国神社、浅間社、皇大神宮、大雷社、土星姫社、金星稲荷社

【例祭】4月17日

【氏子】

【ご朱印】 あり

※  東照宮と合わせて一面

【ご朱印帳】 なし

【HP】 なし

【SNS】 なし

地図

神社お得意のご利益

ひと足伸ばして