来宮神社 拝殿前から

須山浅間神社

御由緒

 往古富士山東口に鎮座していたお社だった須山浅間神社。須山に登山道が作られると、これに伴って冨士浅間の下宮として祭られました。このため、別名で南口下宮須山浅間神社と呼ばれることもあります。伝として神代から、あるいは12代景行天皇の御代、西暦110年に日本武尊の東夷征伐の際、奇瑞があり創祀されたとも言われています。
 現在の社殿は、本殿が江戸時代後期の文政6年(1823)年に建立されたもの、拝殿は平成25年(2013)に改修されています。また、拝殿の脇には覆屋があり、その中に古宮とよばれる小社が安置されています。これは、現在の本殿が建てられる前、慶長16年(1611)に建立されたものとだと言われています。
 このように、古い建築物が残されている神社ですが、鬱蒼とした木立も歴史を感じさせてくれます。この中には樹齢4-500年と言われる巨木があり、囲まれているだけで気持ちが落ち着いてきます。
 そしてもう一つ、境内に上がる階段の脇にある石灯籠の一つ、ハート型が隠れています。ぜひ、ハート越しに境内を眺めてみてください。

神社概要

【御祭神】 木花開耶姫命、天津彦穂ニニギ命、大山祇命

【社殿】

【鎮座地】 静岡県裾野市須山柳沢722

【アクセス】 JR御殿場線 岩波駅からタクシー21分(10Km)
      JR御殿場線御殿場駅から富士急シティバス 十里木、ぐりんぱ、イエティ方面行 津土井 25分、下車し徒歩5分
       東海道新幹線 三島駅からタクシー35分(20Km)
             富士急シティバス十里木、ぐりんぱ、イエティ方面行き 約5須山 50分、下車し徒歩10分
       東名高速道路 裾野ICから16分

【創建】 神代、あるいは景行天皇40年(110)

【社格】 旧郷社

【境内社】 古宮

【例祭】 4月17日(春)、11月23日(秋)

【氏子】

【ご朱印】 あり

※  特記なし

【ご朱印帳】 あり

【HP】 オリジナル

【SNS】 なし

地図

神社お得意のご利益

ひと足伸ばして

ギャラリー

参拝記