永昌院(皿沼不動)

サイト管理者からのお願い
 このサイトは個人で作成運営しております。至らぬところから誤記等がありましたら問い合わせよりご連絡を頂きたくお願い致します。
 また運営費用捻出の為、可能でしたら表示される広告のクリックを頂けますと幸いです。なお広告はGoogle社より提供されているものであり、一定の審査を経ての表示となります。

御由緒

寛永2(1625)年の上野 寛永寺創建から、永昌院付近の鹿浜村から皿沼が寛永寺の寺領とされました。これが機会となり、多くの寺院が建立されたようですが、その一つが永昌院だと伝えられています。
当初は念仏講を中心に発展したようですが、徐々に成田山新勝寺の不動明王への信仰が広まると、次第に講社を組んで成田山詣が行われるようになります。そして、遂には御前立不動明王を誓願したのだそうです。
時代が下り明治になると廃仏運動の中で衰退して行きますが、住持の晋ト和尚が寺格の再興を図ります。そして晋ト和尚は後に天台宗寺門派に属し、更に二世令信和尚の代に円満院門跡の寺中寺院となりました。
令信和尚は、廃れていた中で失われていった阿弥陀堂を再建し、また併せて円満院から秘仏の地蔵尊の分霊を迎えるなど、諸霊安養の供養に励まれたそうです。
近年、三世 信央和尚(当代)によって、現在の本堂が建立され、一代祈願を発して日本で最大級の不動明王像が勧請されました。
一本の木材から大型の仏像を彫るためには、余程の大木が必要なことから、古くから寄せ木造りとして木材の大きさ、太さに関わらず大型の仏像を作ることが一般化している中で、こちらの不動明王は欅材一本彫りで仏師宗護・基栄父子の作像となります。

私見ですが

ご本堂が、どれか判らない!と思って階段を上がった所で、大きなお不動様と目が合いました。そこで手を合わせて寺務所を探したのですが…どうやら本堂内の奥にある様子。恐る恐る引き戸に手を掛けると、施錠されておらず、どうやら中に入れる!と思い。これまた恐る恐る中に入ると「換気中ですから、コートなど着たままで」との張り紙があちこちに。
境内がコンパクトに設えられているのに比べ、巨大なお不動さんが安置されている本堂内は広く、とても落ち着く温かい空気感に満ちた聖域でした。
元々、沢山の方が集えるようなお寺をとの意向だったそうで、また伺う時には、少し時間を早めに、瞑想をさせて頂こうと心に決めています。
記念すべき関東三十六不動(東京分)の最後、とても良いお寺に出会えました。

お気に入り度
 ★★★★
雰囲気
 ★★★★
アクセス(駅近、駐車場など)
 ★★★

寺院概要

【山号/院号】 皿沼山/永昌院

【宗派、御本尊】天台宗系単立/不動明王

【所在地】 東京都足立区皿沼1-4-2

【アクセス】東武大師線 大師前駅から徒歩5分
      日暮里舎人ライナー 西新井大師西駅から徒歩20分
日暮里舎人ライナー 谷在家駅から徒歩8分

【開山】 伝、天長3(826)年

【ご朱印】 あり

※  複数種あり

【ご朱印帳】あり

【HP】 オリジナル

【SNS】 なし

地図

お寺得意の御利益

諸願成就

参拝記

2022.1.6参拝 ブログ

ひと足伸ばして

ギャラリー