伝通院(傳通院)

幼稚園の園庭を通じてお参り

サイト管理者からのお願い
 このサイトは個人で作成運営しております。至らぬところから誤記等がありましたら問い合わせよりご連絡を頂きたくお願い致します。
 また運営費用捻出の為、可能でしたら表示される広告のクリックを頂けますと幸いです。なお広告はGoogle社より提供されているものであり、一定の審査を経ての表示となります。

御由緒

開山は室町時代 応永22(1415)年の秋、浄土宗第七祖の聖冏が増上寺の開山上人となる聖聡が切望により現在の小石川4丁目に当たる極楽水に草庵として開かれます。当時の山号は無量山、寺号を寿経寺としています。現在、この場所は吉水山宗慶寺となり徳川家康の側室 茶阿の局の菩提寺となっています。なお、本尊の阿弥陀如来は平安時代の恵心僧都 源信の作とされます。
時代が下り慶長7(1602)年8月、徳川家康の生母・於大の方が京都伏見城で死去すると、家康は母の遺言に従い、その遺体を江戸へ運び大塚町の智香寺(智光寺)で荼毘に付しました。位牌は愛知県蒲生市にある久松俊勝の菩提寺の安楽寺に置かれ、また千葉県野田市の光岳寺など各地に菩提寺が建立されています。その中でも、慶長8(1603)年に遺骨をこの地に埋葬し、墓を建立しました。そして、寿経寺をここに移転し、堂宇を建て、彼女の法名「伝通院」から寺の院号を「伝通院」へと変えています。
徳川将軍家のお墓と言えば、芝の増上寺や上野の寛永寺が決まりのようになっています。そして家康自身も、当初は増上寺に埋葬するつもりだったようなのですが、「増上寺を開山した聖聡上人の師である了譽上人が庵を開いた故地に新たに寺を建立されるように」と増上寺十二世 観智国師からの言上を受け、これが伝通院の建立の決め手となったと言います。
こうして、徳川将軍家ゆかりの寺となった伝通院は幕府から寺領約600石を与えられ、堂塔や学寮を有する大伽藍となり、僧侶としての最高位紫衣が認められ、増上寺に次ぐ徳川将軍家の菩提所次席となったのです。こうして、伝通院は増上寺、そして寛永寺と並び江戸の三霊山と称されるようになります。
境内には、ゆかりの方のお墓が墓所の地図に描かれていますが、徳川氏ゆかりの女性や男児が多く埋葬されていることが分かります。そして、その事から将軍家から篤く信仰されていたことの証左となっています。
慶長18(1613)年、増上寺から学僧300人が移され、関東十八檀林(仏教の学問所)の上席とされました。その後、檀林として威容が高まったのでしょう、多いときには学僧も1,000人を預かったと言います。また、享保6(1721)年・享保10(1725)年の2度の大火に見舞われたものの、その一方で、幕府の篤い庇護もあり、その威容は、『江戸名所図会』『無量山境内大絵図』『東都小石川絵図』で確認することができ、また、高台に有ったことから(今では想像もできませんが)富士山・江戸湾・江戸川などを一望できる風光明媚な場所としても知られていました。
幕末になると、後に新選組として知られる浪士組が文久3(1863)年2月4日に境内の大信寮で結成され、山岡鉄舟・清河八郎の他、芹沢鴨・近藤勇など250人が一挙に集まっります。また、後に上野戦争で官軍と戦った彰義隊結成のきっかけの場ともなったという佐幕派の拠点にもなっていたようです。
幕府による庇護を受けていたところから、明治維新は伝通院にとって大きな衝撃となります。明治2(1869)年、勅願寺とされますが、一方で高まった廃仏毀釈運動により、多数の子院も独立しのために規模も縮小され、勅願寺と言う立場もフェードアウトしてしまいます。ただ、信濃の善光寺とも交流があり、塔頭の縁受院が善光寺の分院となります。そして、何気に不思議な伝通院の前の通りが「善光寺坂」と呼ばれるようになったのは、この事に起因しているそうです。また縁受院は明治17年(1884年)に善光寺と改称しています。
明治23(1890)年に境内に移した浄土宗の学校がベースとなって現在の淑徳SC中等部・高等部が淑徳女学校として創立され、それまで将軍家専用の菩提寺だったものから、一般の人も埋葬が可能となりました。こうして、明治維新の荒波を乗り越えていきます。
昭和に入ると戦争末期の20(1945)年5月25日に米軍による空襲で伝通院を含む小石川一帯が焼け野原となってしまいます。これで伝通院も江戸時代に建立された山門や本堂など墓を除くすべてが焼失してしまいます。それでも昭和24(1949)年に本堂を再建し、更に昭和63年(1988年)に再度、建て直され現在に至ります。また山門も平成24(2012)年3月に再建されました。
境内に入るとまるでサムズアップされたような「指塚」が目に入ります。これは敷地の隣に指圧で有名だった浪越徳治郎によって創立された「日本指圧専門学校」がある縁で、波越が寄贈したものです。

私見ですが

これだけのお寺では、御朱印など事務的な感じを受けるのが普通ですが、とても快く応じて頂け、またご本堂への立ち入りも可能なため、とても良い雰囲気を味わえるお寺です。
また、このお寺に伝わる「キツネ」の伝説があるのですが、それは慈眼寺の項で説明します。

お気に入り度
 ★★★
雰囲気
 ★★★
アクセス(駅近、駐車場など)
 ★★★

寺院概要

【山号/寺号】 無量山/-

【宗派、御本尊】浄土宗/阿弥陀如来

【所在地】 東京都文京区小石川3-2-23

【アクセス】 東京メトロ丸ノ内線・南北線 後楽園駅から徒歩10分
都営地下鉄三田線・大江戸線 春日駅から徒歩10分
都バス 都02乙(池袋東口⇔東京ドームシティ) 伝通院前から徒歩5分

【開山】 応永22年(1415年)

【ご朱印】あり

※  阿弥陀如来、観世音菩薩の二種あり

【ご朱印帳】

【HP】 オリジナル

【SNS】 Twitter
Instagram

地図

お寺得意の御利益

ひと足伸ばして

ギャラリー

関連

江戸三十三観音