大聖山 南谷寺(目赤不動)

御由緒

 建立は元和2年(1616)と言われ、比叡山の南谷にいた万行律師によって開かれたとされます。
 建立以前、不動明王を篤く信仰していた万行は不思議な夢を見ます。伊賀国の赤目山に行けと言うのです。そこで赤目山に登頂し、そして祈願すると一寸二分ほどの黄金の不動明王像を天から授かったといいます。
 万行は、江戸・下駒込(現在の東京都立駒込病院の近く)に庵を結び、赤目山で授かった不動明王像を安置すると「赤目不動」と呼ばれて人々の信仰を集め、多くの参詣者が訪れるようになります。
 寛永5年(1628)には、鷹狩で当地を訪れた将軍 徳川家光がを目黒不動・目白不動にちなみ「目赤不動」と改めるように言いつけ、境内地として現在地が与えられます。合わせて、この時に山号・院号も「大聖山東朝院」と改められています。
 天明8年(1788)には、上野の寛永寺の直末寺になり、「南谷寺」の寺号を与えられた。

寺院概要

【山号/院号】 大聖山/東朝院

【宗派、御本尊】天台宗/阿弥陀如来不動明王

【所在地】 東京都文京区本駒込1-20-20

【アクセス】 東京メトロ南北線 本駒込駅から徒歩3分

【開山】 元和2年(1616)

【ご朱印】 あり

※  特記なし

【ご朱印帳】 なし

【HP】 なし

【SNS】 なし

地図

お寺得意の御利益

ひと足伸ばして

ギャラリー

関連

江戸五色不動
関東三十六不動尊霊場