清林寺

御由緒

 観誉祐祟上人により永正年間(1504~1521) に神田四軒町付近が寺の歴史の始まりと言われます。後にこのときの堂宇は焼失してしまいますが、天暦和尚により慶長年間(1596-1615)になって神田柳原へ移転され、更に慶安元年(1652)現在地へと移転しています。
 境内には毘沙門堂があり、聖徳太子作言われる毘沙門天が祀られています。

寺院概要

【山号/院号】 東海山/花陽院

【宗派、御本尊】浄土宗/聖観世音菩薩

【所在地】 東京都文京区向丘2-35-3

【アクセス】 東京メトロ南北線 本駒込駅から徒歩5分

【開山】 永正年間(1504~1521)

【ご朱印】

※  特記なし

【ご朱印帳】 なし

【HP】 オリジナル

【SNS】 なし

地図

お寺得意の御利益

ひと足伸ばして

ギャラリー

関連