八官神社

サイト管理者からのお願い
 このサイトは個人で作成運営しております。至らぬところから誤記等がありましたら問い合わせよりご連絡を頂きたくお願い致します。
 また運営費用捻出の為、可能でしたら表示される広告のクリックを頂けますと幸いです。なお広告はGoogle社より提供されているものであり、一定の審査を経ての表示となります。

御由緒

 現在は銀座八丁目の片隅でひっそりと鎮座している八官稲荷神社。もとの社号は「穀豊稲荷神社」と呼ばれていました。この八官は旧地名で現在の中央区銀座8丁目2-4番地に当たります。
 創建年は元禄年間と言われる八官稲荷神社は、播州明石の明石稲荷を、京都大内家へ遷座させ、その後、この神社の初代神主となる井上若狭により、元禄年間、勧請しお祀りをするようになったそうです。ただ、古い記録は江戸時代の火災で焼失していまったそうです。
 慶応4(1868)年には、田中平四郎と言う人が先祖代々お祀りしていた加賀毘賈神(加賀姫稲荷)を相殿として合祀しています。
 関東大震災後の区画整理ででしょうか、区画整理事業の影響で現在地へと遷座、社号も鎮座地を刻む意味でしょうか「八官稲荷神社」へと変え、今に至ると言う歴史です。 

私見ですが

 旧村社と言うと、かなりの確率で社務所があって御朱印が頂けたりする規模のお社が多いのですが、こちらは銀座らしいビルの隙間に埋まるようなこじんまりした神社です。金運上昇のご利益は密かに有名なので、買い物の合間に立ち寄って参拝するのも良いかと思います。

お気に入り度
 ★★
雰囲気

 ★★★
アクセス(駅近、駐車場など)
 ★★★★

神社概要

【御祭神】 宇気毘賈神

【社殿】

【鎮座地】 東京都中央区銀座8-4-5

【アクセス】JR・東京メトロ・都営地下鉄 新橋駅から徒歩4分
      東京メトロ 銀座駅から徒歩8分

【創建】 元禄期(1688-1704)

【社格】旧村社

【境内社】

【例祭】 

【氏子】

【ご朱印】

※特記なし

【ご朱印帳】 なし

【HP】なし

【SNS】 なし

地図

神社お得意のご利益

商売繁盛、金運上昇

ひと足伸ばして

ギャラリー