歌舞伎稲荷神社

サイト管理者からのお願い
 このサイトは個人で作成運営しております。至らぬところから誤記等がありましたら問い合わせよりご連絡を頂きたくお願い致します。
 また運営費用捻出の為、可能でしたら表示される広告のクリックを頂けますと幸いです。なお広告はGoogle社より提供されているものであり、一定の審査を経ての表示となります。

御由緒

 創建年等は不詳ですが、最初の歌舞伎座の開場が明治22(1889)年11月21日ですから、それ以後と思われます。
 現在は、5代目にあたる歌舞伎座の敷地に鎮座していますが、それ以前は劇場内にあり、観劇のお客様か劇場関係者のみがお参りできたのですが、現在は、通りすがりでもお参りが可能になっています。また御朱印や御朱印帳もタワー内5Fにて頂くことができるようになっています。

私見ですが

 明治座などにも稲荷社が設けられ、芸能とお稲荷さんとの結びつきは深いものだと思っています。歌舞伎座のリニューアルに伴うような形で、看板役者もお亡くなりになるなど、歌舞伎稲荷神社の遷座に伴って…などの噂も出たりしますが、江戸の人々に愛された歌舞伎が末永く日本人が楽しめるよう、是非、お稲荷さんにお祈りしたいと思います。

お気に入り度
 ★★★
雰囲気

 ★★
アクセス(駅近、駐車場など)
 ★★★★★

神社概要

【御祭神】 

【社殿】

【鎮座地】 東京都中央区銀座4-12-15

【アクセス】 東京メトロ・都営地下鉄 東銀座駅から徒歩1分

【創建】 明治22年(1889)

【社格】

【境内社】

【例祭】 

【氏子】

【ご朱印】あり

※ 歌舞伎座タワー5階「お土産処 楽座」にて授受可
(参拝後、一度、地下フロアに下る必要あり。判りにくい場合、係員に質問のこと)

【ご朱印帳】 あり(楽座にて)

【HP】歌舞伎座

【SNS】 なし

地図

神社お得意のご利益

ひと足伸ばして

関連

鐵砲洲稲荷神社:本務社

ギャラリー