亀戸 石井神社

「おしゃもじ稲荷」咳神様にはおしゃもじで

神社概要

【御祭神】級長彦命、津長井命、罔象女命

【例大祭】

【鎮座地】東京都江東区亀戸4-37-13

【社格】

【創建】    弘仁2年(811)

【境内社】

【アクセス】東武亀戸線 東あずま駅から徒歩15分
      東武亀戸線 亀戸水神駅から徒歩8分

【HP】

【SNS】なし

地図

神社お得意のご利益

熱病除、百日咳除

ひと足伸ばして

御神体は石器時代の石棒だという石井神社。
弘仁2年に弘法大師によって発見された神社とされています。
かつてはおしゃもじをお供えし、咳よけの祈願としたそうです。
今では、それほど大きな神社ではないのですが、下野国烏山藩士で国学者だった大石千引が「野乃舎随筆」の中で咳神として紹介されています。

ギャラリー

関連