大圓寺(通称:大黒寺)

開運大黒

御由緒

 目黒駅から権太坂と平行に走る急な下り坂を降る途中にある大圓寺。この急な坂道が「行人坂」。その名の由来は、大圓寺を拠点にした修験の行者が往来に使ったことにあると言います。
 お寺は寛永元年(1624年)に出羽湯殿山の修験僧だった大海法印が大日如来を本尊として道場を開いたのが始まりというのですから、正に修験道の拠点だったのでしょう。
 しかし明和9(1772)年、大円寺が火元になる「行人坂火事(明和の大火)」が起こり、江戸の街、628町に延焼する振袖火事(明暦の大火)、車町火事(文化の大火)と並ぶ江戸三大火事と呼ばれる大火となってしまいました。この被害の大きさから元号も「安永」に改められたと言うのですから、当時の騒ぎの大きさを察することができます。また山門を潜って左手の五百羅漢像はこの大火で犠牲になった人々を供養するために作られたと言われます。
 この事で寺勢は衰えてしまいますが、大火の火元ですから幕府は再建の許可を与えませんでした。現在、私達が参詣できるようになったのは幕末に薩摩藩 島津氏が菩提寺とすることで再興されたお陰です。
 境内の左側にある釈迦堂にご本尊の釈迦如来が安置されています。この立像は、国の重要文化財に指定されていて、鎌倉時代初期の清涼寺式生身の釈迦像で、胎内に五臓六腑がおさめられているものです。
 本堂には、徳川家康をモデルにしたと言う大黒天は開運大黒天として人気がありますし、元祖山手七福神の一つとされています。
 阿弥陀堂には弥陀三尊が祭られお七地蔵の木彫もある。
 墓地には歌舞伎などで知られている「八百屋お七」の恋人だった吉三、出家後に西運と名乗った僧の墓があります。西運は江戸時代初期、大圓寺の隣にある雅叙園に位置していた明王院に住んでいました。明王院は明治に入って大圓寺に統合されています。火事のことを考えると奇妙な因縁を感じます。

私見ですが

 比較的狭い境内には社務所で求められる金箔を身体の悪い部分に貼ると良くなると言われる薬師如来像など、様々な願掛けポイントがあったりもして、開運大黒と合わせて開運・パワースポットになっています。すぐ近くにはホリプロもあり、スタアと出会えるチャンスにも恵まれるかも知れませんね(私は、本格的に売れる前の綾瀬はるかさんを見かけたことがあります…(●´ω`●))。

お気に入り度
 ★★★
雰囲気
 ★★★★
アクセス(駅近、駐車場など)
 ★★★★

寺院概要

【山号】 松林山

【院号】

【宗派、御本尊】天台宗/釈迦如来

【所在地】 東京都目黒区下目黒1-8-5

【アクセス】 東急東横線中目黒駅から徒歩で5分

【開山】 寛永年間 (1624頃)

【ご朱印】 あり

※  本尊の「生身釈迦如来」と元祖山手七福神の「開運大黒天」の2種あり

【ご朱印帳】 あり

【HP】 天台宗東京教区

【SNS】 なし

地図

お寺得意のご利益

開運出世、悩み事解消、病気治癒、縁結び