柿の木坂 正一位末広稲荷神社

【御祭神】 

【社殿】

【鎮座地】 東京都目黒区柿の木坂2-26-24

【アクセス】  東急東横線 都立大学駅から徒歩8分

【創建】 元禄(1688〜1704)中期

【社格】

【境内社】

【例祭】

【氏子】

【ご朱印】 なし

※  特記なし

【ご朱印帳】 なし

【HP】 なし

【SNS】 なし

参拝記

 都立大学駅から柿の木坂をパーシモンホールに向かって歩くけば、北野神社には出会えます。が、この末広稲荷神社は、柿の木坂から少し入ったところにあるので、注意して歩かないと気づくこともレアと思われる小さな神社です。
 その神社も元禄中期、約300年前に建てられたもの、そして戦災で焼け落ちながら、その後、再建されていると聞けば、周囲から大切に思われていることが判ります。実際、Google Mapに案内されながら神社の前につくと、いや、神社の前で、ようやく「あ、ここか!」と気づくくらいにひっそりとした佇まいのお社ながら、鳥居の向こうには清浄な雰囲気に包まれます。
 由緒書によれば、元禄中期に伏見稲荷から勧請したようですから、おそらくの御祭神は宇迦之御魂神と思われますが、御祭神に関する記述がなくこのページでは御祭神欄を空白にしています。
 柿の木坂の静謐な住宅に囲まれた小さな神社、大切にしたい東京の風景です。