増上寺

御由緒

 増上寺の前身は9世紀に空海の弟子だった宗叡が現在の麹町や紀尾井町付近に建立した光明寺だったと言います。室町時代の明徳4(1393)年、浄土宗の酉誉聖聰(ゆうよしょうそう)上人によって浄土宗の正統根本念仏道場とされ、宗派は真言宗から浄土宗へ、寺号も増上寺へと改められました。増上寺では、この明徳4年を開山の年としているようです。
 聖聡は松平氏宗家と師弟関係にあり、また第四代の松平親忠の第四子は浄土宗総本山知恩院25世の超誉存牛は聖聰の孫弟子で、このことから古くから松平氏さらには徳川氏とのつながりが深かったと言われています。
 また諸説ありますが、天正18(1590)年に徳川家康が江戸に入府した道中で、偶然、増上寺の前を通り源誉存応上人と対面した事が後に徳川家の菩提寺となったきっかけだったとも言われています。その後、増上寺は麹町付近から日比谷へ移り、更に江戸城の拡張に伴って慶長3(1598)年、家康の命により現在地へと遷されています。
 現在地が選ばれた理由の一つに上げられるのが「風水」です。これはもう一つの徳川家菩提寺の上野 寛永寺が江戸の鬼門にあり、裏鬼門に当たる芝を増上寺で抑えるという事です。この陰には、江戸の街をデザインしたと言われている天海僧正の影響があったのかもしれません。
 さて、増上寺はその役割に徳川家の菩提寺の他、僧侶のための学問所として「檀林」の浄土宗における関東十八檀林の筆頭とされていました。

 明治に入り神仏分離が進められると半官半民の神仏共同教導職養成機関である大教院の本部とされ、大教院神殿が置かれた時期もありました。この頃の参道には、寺院にも関わらず鳥居が建てられていたそうです。しかし、明治7(1874)年1月1日に排仏主義者が放火したことをきっかけに徐々に寺勢が衰え、境内のかなりの部分が芝公園へと変わっていきました。
 そして戦災で徳川家霊廟や五重塔など多くの歴史的遺構を焼失してしまいます。
 度重なる災厄に遭いながらも、総門など信徒の寄付で再建されるなど、今も多くの人達の信仰を集めているお寺です。
 ご本尊はお守りなどでも描かれる「黒本尊」ですが、これは平安時代の高僧 恵心僧都の作とされる2尺6寸(約80cm)のご本尊 阿弥陀如来です。最初、このご本尊は金色の立像だったのですが、法要などの香煙によって黒ずんでしまったそうです。徳川家康が崇拝したことから出世のご利益があると言われています。
 なお、この秘仏は1月15日、5月15日、9月15日に開帳されて、御朱印として「黒本尊」と墨書きされたものを頂くことができます。

お気に入り度
 ★★★
雰囲気
 ★★★★
アクセス(駅近、駐車場など)
 ★★★★

寺院概要

【山号/院号】 三縁山/広度院

【宗派、御本尊】浄土宗/阿弥陀如来

【所在地】 東京都港区芝公園4-7-35

【アクセス】 JR山手線・京浜東北線・東京モノレール 浜松町駅から徒歩10分
       都営地下鉄三田線 御成門駅から徒歩3分
       都営地下鉄三田線 芝公園から徒歩3分
       都営地下鉄浅草線・大江戸線 大門駅から徒歩5分
       都営地下鉄大江戸線 赤羽橋駅から徒歩7分
       東京メトロ日比谷線 神谷町駅から徒歩10分

【開山】 明徳4(1393)年

【ご朱印】 あり

※  特記なし

【ご朱印帳】 あり

【HP】 オリジナル

【SNS】 Facebook
     Youtube
     Instagram
     Twitter

地図

寺院得意のご利益