神明氷川神社

中野区弥生町の氏神様

御由緒

 中野区の神明氷川神社は、室町時代、文明元年(1469年)、江戸城築城などで有名な太田道灌公が、武蔵大宮氷川神社より勧請した神社です。このため、毎年祭日には太田家より玉串が奉納されたと伝えられています。
 また神社が所在する地域は、旧雑色村字川島の村を守るための神社で、明治7年4月(西暦1874年)に旧社格は村社に認定されました。しかし、昭和20年5月に戦災により焼け落ち、仮社殿が直ち作られましたが、再建は昭和33年まで掛かっています。
 神明氷川神社と同じように大宮八幡宮から勧請された多田神社も、やはり雑色の鎮守ですが、古い時代には隔年、交代で例祭が行われていたようです。

お気に入り度
 ★★★★★
雰囲気
 ★★★★
アクセス(駅近、駐車場など)
 ★★★★

神社概要

【御祭神】 素盞鳴命櫛稲田姫命大日孁命事代主神大山祗神

【社殿】

【鎮座地】 東京都中野区弥生町4-27-30

【アクセス】東京メトロ丸ノ内線 中野富士見町駅から徒歩10分

【創建】 文明元年(1469年)

【社格】旧村社

【境内社】津島神社、御嶽神社、大國魂神社、宗像神社、三光鱗神社

【例祭】 8月25日

【氏子】弥生町2丁目 12-15番地、20-21番地、25-30番地、41-42番地(ここまで本郷 氷川神社と重複)、16-19番地、31-40番地、43-53番地、弥生町3-5丁目全域、南台1丁目全域、南台2丁目 41-52番地、南台3丁目 6番地、22-25番地

【ご朱印】 あり

※ 稲城市 大麻止乃豆乃天神社の御朱印も拝受可

【ご朱印帳】

【HP】 オリジナル

【SNS】

地図

神社お得意のご利益

万物の生成化育

参拝記

 コロナの影響がまだまだ色濃い2020.7月上旬の初参拝。多田神社で良い感じの参拝行脚となった流れの中で、もう一つの素晴らしい神社に出会えました。
 乳飲みの狛犬など、設えも町の鎮守らしい雰囲気。境内に入った瞬間から、多田神社と同様に活き活きとした感覚に包まれます。
 そして、御朱印をお願いしようと社務所へ。ここもコロナの影響で書き置きのみの対応となりました。が、以前参拝した大麻止乃豆乃天神社のお話を伺うと「さきほど末社のお祭りから帰ってきたところです」という宮司様。タイミングの良い参拝だったようでした。更に「行かれたのですか?」と問われたので、「先日、お伺いしました」と答え、大麻止乃豆乃天神社の御朱印が頂けるかと尋ねると、奥から書き置きを探してきてくれてました。大麻止乃豆乃天神社の幟の多さなど、印象深い神社だったことをお話したら、とても嬉しそうに「奉賛会の方々が熱心なので」とのこと。心ある人達が神社をお護りしているんだなぁ。と改めて納得しました。

ギャラリー

関連

大麻止乃豆乃天神社