新中野 白玉稲荷神社

御由緒

 同じ中野区中央に2つある「白玉稲荷神社」。環状六号線に鎮座する神社は宝仙寺の鎮守社、こちらは飯塚家の屋敷神だったと言われています。
 神社はその後、近隣の人たちに譲り渡されましたが戦災で全焼してしまいました。現在のお社は、その後の再建によるものです。
 ここには古い石鳥居の柱が残されていますが、そこには「文政七甲申年」との金石文が刻まれています。この事から、遅くとも1824年には建立されていたものと考えられます。

神社概要

【御祭神】 宇迦之御魂神

【社殿】

【鎮座地】 東京都中野区中央3-23-15

【アクセス】   東京メトロ、都営地下鉄 新中野駅下車から5分

【創建】 不詳

【社格】

【境内社】

【例祭】 2月初午日

【氏子】

【ご朱印】 なし

※ 特記なし

【ご朱印帳】 なし

【HP】 なし

【SNS】 なし

地図

神社お得意のご利益

ひと足伸ばして