武蔵野稲荷神社

江古田のお稲荷さん

サイト管理者からのお願い
 このサイトは個人で作成運営しております。至らぬところから誤記等がありましたら問い合わせよりご連絡を頂きたくお願い致します。
 また運営費用捻出の為、可能でしたら表示される広告のクリックを頂けますと幸いです。なお広告はGoogle社より提供されているものであり、一定の審査を経ての表示となります。

御由緒

 創建の詳細は不詳ですが、本殿が建つ塚は、瓢箪塚や割塚とも言われた事から、古墳であるとか、江古田原合戦で太田道灌に破れた豊島氏側の戦死者(数十人とも百五十人とも言われる)葬った「豊島塚」とも言われています。
 しばしば古墳の上にはお稲荷さんを祀っていることや、この塚に白狐が十数匹も住んでいた事から、更に別名「白狐塚」とも呼ばれたそうです。
 明治時代以降、商家や歌舞伎役者、馬主、事業家等の信仰を集めてきたそうで、現在でもお稲荷さんの定番である商売繁盛の他、除災招福、病気平癒のご利益を願って参拝する人が多いようです。
 現在の社殿などは大正7(1918)年建築の祭儀殿以外は、昭和50(1975)年からの5ヶ年を掛けて、本殿、拝殿、鳥居、随神門と新築整備されたものです。
 この時まで塚の後ろに割れがあったのですが、本殿整備のため埋め戻しが行われています。
 かつて「三の稲荷」と呼ばれ、毎「三」の日を縁日として賑わったそうですが、今は行われていないそうです。

私見ですが

お気に入り度
 ★★★
雰囲気
 ★★★
アクセス(駅近、駐車場など)
 ★★★★

神社概要

【御祭神】 宇迦之御魂神

【社殿】

【鎮座地】 東京都練馬区栄町10-1

【アクセス】 西武池袋線 江古田から徒歩2分
       東京都東京都 有楽町線 新桜台 から徒歩8分
      都営地下鉄 大江戸線 新江古田から徒歩10分

【創建】 寛治年間(1087-1094)

【社格】

【境内社】身代稲荷大神社、祭儀殿

【例祭】 2月初午

【氏子】

【ご朱印】 あり

※ 特記なし

【ご朱印帳】 なし

【HP】 東京都神社庁

【SNS】 なし

地図

神社お得意のご利益

商売繁昌、無病息災、禍転じて福となす “つなぎの神様”

ひと足伸ばして

ギャラリー