愛染院 観音寺

愛染明王をご本尊とする名刹

サイト管理者からのお願い
 このサイトは個人で作成運営しております。至らぬところから誤記等がありましたら問い合わせよりご連絡を頂きたくお願い致します。
 また運営費用捻出の為、可能でしたら表示される広告のクリックを頂けますと幸いです。なお広告はGoogle社より提供されているものであり、一定の審査を経ての表示となります。

御由緒

「愛染院」、正しくは練月山 愛染院 観音寺と言う、真言宗豊山派のお寺です。札所としては豊島八十八ヶ所の第26番札所です。このお寺の特色は、まずは御本尊ですね。最近、あちこちの大寺院で「縁結び」のご利益が謳われて祀られている愛染明王がご本尊です。
このご本尊は、室町時代の永享9(1437)年に能円坊尊岳と言う僧侶が開山した当時からのご本尊で、当時は、尾崎(現、春日小学校付近)に置かれました。それが、江戸時代の寛永年間(1624〜1644)に中興として名を残している権大僧都 尊智が現在地へと移しています。
江戸時代には十二石余の朱印地があり、慶安2(1649)年、三代将軍 徳川家光などの朱印状が残され、徳川将軍家から愛染院自体の寺領と別当となった若宮八幡(現、高松八幡神社)の社領八石を安堵されました。
しかし、寛政年間(1789〜1801)に火災が起こり、元禄10(1697)年に建立された山門、元禄14(1701)年に建立された梵鐘以外、伽藍の建物は全て焼失してしまいます。更に時代が明治に入り、当時、巻き起こった廃仏毀釈の中で末寺の成就院、高松寺、養福寺、泉蔵院の四ヶ寺を合併しています。
境内には、焼失を逃れた梵鐘や木造の弘法大師坐像を安置した大師堂や、高松寺合併について記した明治25(1892)年の宝篋印塔、境内には、西山稲荷祠や元文4(1739)年に作られた六地蔵など文化財も多く、見どころとなっています。

私見ですが

大江戸線はねずみ花火のような形をしていますが、円形部分は概ね、全て使った記憶がある一方で、しっぽ側は全く土地勘がなく、当然、最寄り駅の練馬春日町駅も全くの初見となりました。その一方で、愛染院さんについては子供の頃から名前は知っており、一度は参拝しておきたいお寺の一つでありました。
そして、念願の参拝。意外なほど広い境内で、本堂の他、稲荷社や大師堂などをお参りし終え、御朱印です。私の御朱印帳に「愛染明王」と書かれるかと思うと(初体験なので)、ちょっとドキドキしながら奥様にお願いして暫く待ちます。
斎場があったり、施餓鬼供養の日だったりと、お忙しい中でしたがとてもにこやかに対応を頂き、念願の参拝を気持ちよく終えることができました。

お気に入り度
 ★★★★
雰囲気
 ★★★★
アクセス(駅近、駐車場など)
 ★★★★★

寺院概要

【山号/寺号】 練月山/観音寺

【宗派、御本尊】真言宗豊山派/愛染明王

【所在地】 東京都練馬区春日町4-17-1

【アクセス】都営大江戸線 練馬春日町駅から徒歩3分

【開山】 永享9(1437)年

【ご朱印】 あり

※  特記なし

【ご朱印帳】あり

【HP】

【SNS】 なし

地図

お寺得意の御利益

参拝記

ひと足伸ばして

ギャラリー