練馬白山神社

サイト管理者からのお願い
 このサイトは個人で作成運営しております。至らぬところから誤記等がありましたら問い合わせよりご連絡を頂きたくお願い致します。
 また運営費用捻出の為、可能でしたら表示される広告のクリックを頂けますと幸いです。なお広告はGoogle社より提供されているものであり、一定の審査を経ての表示となります。

御由緒

 伝として平安時代と言われる練馬白山神社。残念ながら、明治初年の火災で由緒書などの記録等を焼失した詳細は不明ですが古い神社なのは間違いありません。
 神社の境内に入ると最初に目に入るのは大きな御神木でしょう。これは後三年の役で奥州へ向かう源義家が、戦勝祈願で植樹した苗の欅が現在まで残されたものと言われます。高さ19m、幹の周囲8メートルで国の天然記念物に指定されているそうです。
 また少し急な階段を登ると、開けた境内と拝殿に気持ちが晴れます。そして拝殿前の狛犬の台座は風化が進んでいるものの「文政元年」の文字が読み取れ、都内でもかなり古いものと思います。
 なお社務所は、境内を出たお向かいにあります。

私見ですが

 東京の白山神社は、こじんまりとしたところと、中規模に二極化されているように思います。この神社は中規模でも大きな方で、かなり立派かつ、丁寧に掃き掃除された境内がホコホコと気分良くお参り気分を盛り上げてくれます。

お気に入り度
 ★★★★
雰囲気
 ★★★★
アクセス(駅近、駐車場など)
 ★★★★

神社概要

【御祭神】 伊邪那美命

【社殿】

【鎮座地】 東京都練馬区練馬4-2-3

【アクセス】 西武池袋線 練馬駅から徒歩6分

【創建】 不詳(平安時代?)

【社格】

【境内社】稲荷神社、三峯神社

【例祭】

【氏子】

【ご朱印】

※ 特記なし

【ご朱印帳】 なし

【HP】オリジナル

【SNS】 なし

地図

神社お得意のご利益

安産、子育て、厄除け

ひと足伸ばして

関連

中野沼袋氷川神社:本務社

ギャラリー