穴守稲荷神社

朝参り 晩には 利益授かる

御由緒

 文化文政年間、現在の羽田空港内に位置する鈴木新田の開墾事業が行われていました。しかし、堤防が東京湾から吹き込む激しい波風によって壊れることが多く、とうとう大穴ができて海水が流れ込んでしまったのです。これでは開墾や農業といえる状況ではありません。そこで村民たちが相談し、堤防の上に祠を作り伊勢神宮外宮の御祭神、豊受姫命を勧請して稲荷大神としてお祀りすることにしたのです。これが、穴守稲荷神社の発祥です。そして、不思議なことに、この建立以後、激しい波風に悩まされることなく五穀豊穣に恵まれたと言います。
 この神社の「穴守」は、この堤防に波風が作る「穴」から田畑を「守る」稲荷の神様として名付けられたと言います。
 東京の神社の多くは、「江戸時代、隆盛を誇った」というように古い時代に最盛期を迎えていることが多いのですが、穴守稲荷はちょっと違います。
 明治に入り、外から訪れる人は潮干狩り目当てばかりだったところに、温泉が湧き出ます。すると、それを目指す人達のために温泉旅館が建てられ、彩りとなる芸者の置屋ができて一気に繁華街へと変わっていったのです。そして明治30年代には穴守稲荷霊験記として歌舞伎が穴守稲荷を取り上げた事で更に賑わいを増していきます。そして京浜電気鉄道(現 京浜急行)は京浜蒲田から穴守稲荷神社への支線を計画し明治35(1902)年、海老取川、大正2(1913)年)に穴守稲荷門前までを開通させています。この結果、周辺は更に京浜急行が中心になった開発が進み羽田球場や遊園地が開業しています。昭和6(1931)年、干拓地北側の海域が埋め立てられて羽田飛行場が開業してもいます。
 ところが敗戦という荒波が再び羽田を襲います。
 昭和20(1945)年9月21日、進駐を開始した米軍-GHQが羽田飛行場を拡張するため強制退去命令が下されます。しかも下命後、48時間以内での矯正たきょというむちゃくちゃなものだったそうです。この命令によって神社だけではなく干拓地にいた住民たちも慌てて移転先を求めることになったのです。これに地元の有志が必死になって活動し、現在の鎮座地となる700坪を寄進して遷座に至ったのです。
 現在の境内には沢山の境内社があり、特に千本鳥居の奥にある稲荷山には頂上だけではなく、その途中にも幾つもの祠が置かれています。そして、その下には「奥之宮」という祠を置く稲荷山を抉るように作られた一室があるのです。そこには「神砂」と言う砂が置かれているのですが、その砂には、
 昔々、羽田浦の要島にお爺さんが住んでいました。あるとき、漁から帰ったお爺さんが釣果を確認しようとカゴを覗くと釣ったはずの魚はおらず、ただ湿った砂が入っているだけです。翌日、そして翌々日、お爺さんは大漁、大漁で帰宅したのです。しかし、やはりカゴには魚はおらず湿った砂が入っているだけ。お爺さんは困り果てて村人たちに相談を持ちかけました。すると、村人たちは狐の仕業に違いない!と穴守稲荷の社を取り囲んで一匹の狐を捕まえます。この捕まえられた狐をお爺さんは哀れに思って逃してやりました。すると、翌日の漁からは毎回、大漁。カゴには沢山の魚と一緒に少しだけ湿った砂が入っていたのです。そしてお婆さんは、この湿った砂を庭に撒いてみました。すると今度はあっという間に千客萬来。釣った魚はたちまち売り切れです。こうしてお爺さんお婆さんは豊かに過ごすことができるようになりました。
 と言うお話から、ご利益のためこの神砂を頂いて帰るようになりました。ということです(詳しい撒き方などは、下にリンクしている穴守稲荷のオリジナルサイトに書かれているので参考にしてください)。
 江戸時代から歌われてきた羽田節で

羽田ではやる お穴さま
朝参り 晩には 利益授かる

と、霊験あらたかな事が知られていた神社です。開放的な境内を稲荷山から眺めて見るだけでも気持ちが晴れやかになること間違いありません。
 

お気に入り度
 ★★★★
雰囲気
 ★★★★
アクセス(駅近、駐車場など)
 ★★★★

神社概要

【御祭神】 豊受姫命

【社殿】 

【鎮座地】 東京都大田区羽田5-2-7

【アクセス】   京急空港線 穴守稲荷駅から徒歩4分

【創建】 文化文政年間(1804‐1830)

【社格】旧村社

【境内社】御嶽神社、穴守稲荷上社、奥之宮、築山稲荷、幸稲荷、末廣稲荷、航空稲荷、狐塚、福徳稲荷、繁栄稲荷、出世稲荷、開運稲荷、必勝稲荷

【例祭】 2月初午の日、11月3日

【氏子】 

【ご朱印】 あり

※ 通常の御朱印の他、2種あり

【ご朱印帳】 あり

【HP】 オリジナル

【SNS】 なし

地図

神社お得意のご利益

商売繁昌、家内安全、心願成就、病気平癒、交通安全、厄除、開運

ひと足伸ばして