大天 稲荷宮

御由緒

 亀甲山大師堂とほぼ同じ敷地にある大天稲荷宮。
 創建の経緯は不詳ですが、言い伝えでは従来「子守稲荷」と呼ばれていたものが、田園調布せせらぎ公園の滝の脇に祀られており、大正期に田園都市株式会社が個人から買収した際、神璽を現在の地に遷座したとのことです。そして、その際、大天稲荷宮へと社号を改めています。せせらぎ公園内には祠が残されたようですが、大田区の所有地となった際に撤去されています(現在は立ち入り禁止区域の模様)。
 現在の神社は地相学や方位学、暦学等の古来からの学問に基き造営されており、神璽は京都伏見稲荷大社より正式に勧請しているとのことです。
 稲荷神社の祠の他、石造りの祠が鎮座していますが、こちらは昭和29年までこちらに建っていた茅葺屋根の民家を解体した際、茅の中に「とぐろ」を巻いた状態の巳の姿あったため、守護神としてお祀りした「巳大神」です。
 また鳥居から祠に向かう途中、六芒星を彫り込んだ石柱があり、参拝の際は聞き手を星の上に乗せ「払い給い 清め給え」と祝詞を唱えれば身心の罪、穢れのお祓いができるとのことで、祓戸神社のようなことかと思います。
 個人での管理と思われますが、とても清浄に保たれて大切にされている神社です。

お気に入り度
 ★★
雰囲気
 ★★★
アクセス(駅近、駐車場など)
 ★★★

神社概要

【御祭神】

【社殿】

【鎮座地】 東京都大田区田園調布2-10-13

【アクセス】 東急多摩川線 多摩川駅から徒歩7分
      東急池上線 雪が谷大塚駅から徒歩15分
       東急東横線、東急目黒線 田園調布駅から徒歩12分

【創建】 不詳

【社格】

【境内社】

【例祭】

【氏子】 

【ご朱印】

※ 特記なし

【ご朱印帳】 なし

【HP】 なし

【SNS】 Facebook

地図

神社お得意のご利益

学問心願、家内安全、商売繁盛、火難除

ひと足伸ばして

ギャラリー