自性院 本覚寺

御由緒

 平治元年(1159年)に亡くなった慈性という人により開山されたという大田区羽田の自性院。永禄2(1559)年に亡くなる九世 恵朝の時代に寺運栄えて、恵朝は中興開山と呼ばれています。
 安政5(1858)年、自性院火事と言われる火災によって全焼してしまいますが、明治42(1909)年に本堂建立、大正2年(1913)庫裡を改築して復興を果たし、昭和10(1035)年には地蔵堂を建立しています。
 現在見られる牛頭天王堂は昭和4(1929)年、牛頭天王堂を大森の弁天神社(現 三輪厳島神社)から移築したものです。江戸時代にも羽田鎮守となる牛頭天王社があったのですが、これは明治維新を機に八雲神社として独立し、現在は羽田神社となっています。
 現在の牛頭天王堂は文久元年(1861)に建造されたもので旧本殿の内陣は切妻造で銅板葺。旧拝殿の外陣は入母屋造で銅板葺、向拝には軒唐破風が付けられ、その下に弁財天が精巧に彫られています。また各軒廻りには斗供が付けられています。をもつ。江戸期の建築物で年代などが明らかになっているものは大田区には稀で、また江戸時代末期の精巧な技法が見られるため貴重な資料となっています。参拝の折に、美術鑑賞として拝見するのも良いと思います。


 移築された牛頭天王堂は

お気に入り度
 ★★★
雰囲気
 ★★★
アクセス(駅近、駐車場など)
 ★★★

寺院概要

【山号/院号】 常榮山/自性院

【宗派、御本尊】真言宗智山派/木造薬師如来

【所在地】 東京都大田区本羽田3-9-10

【アクセス】 京急空港線 大鳥居駅から徒歩8分

【開山】 不詳(保元〜1156年-1159年〜あるいは、それ以前?)

【ご朱印】

※  特記なし

【ご朱印帳】

【HP】 

【SNS】

地図

寺院お得意の御利益

ひと足伸ばして

ギャラリー

参拝記