久寶寺

御由緒

久寶寺(きゅうほうじ)の開山年代は不詳ですが、江戸時代初期、豊臣家の家臣だった定意により開山されたと言います。定意は滅ぼされた豊臣家主君の仇を取ろうと江戸に潜入したのですが、逆に追われる身となってしまいます。そこで後に築地本願寺となる浜町御坊へと逃げ込みます。そして世の無常を悟って、ついに出家したそうです。
 出家した定意は築地本願寺内に寺中子院として久寶寺を創建しています。とうとう1928(昭和3)年に築地本願寺から出て現在地へと移転しています。

お気に入り度
 ★★
雰囲気
 ★★
アクセス(駅近、駐車場など)
 ★★★

寺院概要

【山号/院号】 亀松山/久寶寺

【宗派、御本尊】浄土真宗本願寺派/木造阿弥陀如来立像

【所在地】 東京都大田区本羽田3-17-1

【アクセス】 京急空港線 大鳥居駅から徒歩12分
       京急空港線 糀谷駅から徒歩13分

【開山】 不詳

【ご朱印】

※  特記なし

【ご朱印帳】

【HP】 

【SNS】

地図

寺院お得意の御利益

ひと足伸ばして

関連

ギャラリー

参拝記