伊勢丸稲荷大明神

御由緒

 創建などの詳細不詳の伊勢丸稲荷大明神は、三軒茶屋にある小さな神社です。
 ビルとビルの間を埋めるようにある境内は、国道246と蛇崩通りを結ぶ路地に面しています。ただ蛇崩通りから見える鳥居はコンクリートブロックの塀で閉ざされていて、一瞬、参拝できないのでは?と思わせるちょっと不思議な構造になっています。

お気に入り度
 ★★
雰囲気
 ★★
アクセス(駅近、駐車場など)
 ★★★★

神社概要

【御祭神】 宇迦之御魂神

【社殿】

【鎮座地】 東京都世田谷区三軒茶屋1-22-3

【アクセス】 東急田園都市線 三軒茶屋駅から徒歩3分

【創建】 不詳

【社格】

【境内社】

【例祭】

【氏子】

【ご朱印】

※ 特記なし

【ご朱印帳】 なし

【HP】 なし

【SNS】 なし

地図

神社お得意のご利益

五穀豊穣

ひと足伸ばして

参拝記

 この神社、何度となく通った道から見えるところに鎮座されているのですが、お参りしたのは2020.5になって初めてでした。
 いや、存在は何となく知っていたようにも思えますし、なんとも朧に認識していたようです。
 この日は、初めてキッチリと認識し、お参りへと向かいます。
通りから見ると赤い鳥居が目立ちます。が、通りと境内の間にある駐車場、そして駐車場と境内を区切るコンクリートブロックの塀とで、この鳥居からの参拝はできません。通りから国道246号とを繋ぐ、境内西側にある鳥居からの参拝となるのですね。
 寂れた雰囲気を覚悟しながら、境内へ足を踏み入れると意外にも清浄な空間になっています。むしろ近隣のビルの背中側、配管がグレーの壁面に露出しているところに面している為に、雑然とした印象を持ったのですが、手入れされた境内は聖地になっているのでしょうか。
 お参りを済ませて、建立物を見渡していると石造りの由緒書があります。昭和の初期に書かれたようですが、石碑自体は摩滅も風化もなく、もっと新しいかと思えます。
 その内容に依れば、神社は江戸初期に建立されたもので、これも意外。てっきり背後のビルの関係かと思っていたのです。確かに、この場所だと近隣のどの神社からも距離があるのですから、小さいながらも土地を見守る神社があって当然なのですが。

ギャラリー