北澤八幡神社

七澤八社随一正八幡宮

御由緒

扁額に「七澤八幡随一」とある北澤八幡神社。七澤八幡とは、世田谷七沢八八幡のことで、「新編武蔵野風土記稿」では、吉良氏が世田谷を治めていた時代、沢、そして八幡神社を数えています。その数ありしとそ」 と世田谷地域の風土を言い表している。その8つの八幡神社のうちの一つが、この北澤八幡神社なのです。
 伝えられる創建は吉良頼康の時代、文明年間(1469年-1487年)と言われており、この頼康は世田谷区内の多くの社寺で開基や、その関係者になっている信心深い人物でした。
 今は、境内の半分が公園になっていて「八幡随一」と言うほどには感じられませんが、往時は、相当繁栄していていのでしょう、境内社は稲荷神社を始め、多くの近隣の神社が合祀されています。そのうちでも野屋敷・圓海稲荷は、今も元の神社が残っています。合わせて参拝するのもオススメです。

お気に入り度
 ★★★★
雰囲気
 ★★★★
アクセス(駅近、駐車場など)
 ★★

神社概要

【御祭神】 応神天皇、比売神、神功皇后、仁徳天皇

【社殿】

【鎮座地】 東京都世田谷区代沢3-25-3

【アクセス】 京王井の頭線 池の上、京王井の頭線・小田急線 下北沢駅

【創建】 文明年間(1469年-1487年)

【社格】旧村社

【境内社】 高良玉垂社、円海稲荷社、産土社、弁天社、野屋敷稲荷社、愛宕稲荷社

【例祭】 9月第1土曜日、日曜日

【氏子】 北沢1-5丁目、代沢1-5丁目

【ご朱印】 あり

※ 書置き

【ご朱印帳】 なし

【HP】 東京都神社庁

【SNS】 なし

地図

神社お得意のご利益

ひと足伸ばして

ギャラリー

参拝記

 それほど大きくはない北澤八幡神社ですが、境内社が多く、また隣接する森厳寺にも合わせて参拝すると、結構な時間を過ごすことになります。
 社殿前には、富士山を象った遥拝場が造られていますが、ここからは空気の澄んだ晴れた日に、実際、富士山を見ることもできるんです。ちなみに私は、まだ、ここから見たことが無いんですが…。見たいなぁ。