給田 六所神社

サイト管理者からのお願い
 このサイトは個人で作成運営しております。至らぬところから誤記等がありましたら問い合わせよりご連絡を頂きたくお願い致します。
 また運営費用捻出の為、可能でしたら表示される広告のクリックを頂けますと幸いです。なお広告はGoogle社より提供されているものであり、一定の審査を経ての表示となります。

御由緒

 御由緒は不明ですが、武蔵国府中の大国魂神社から分霊を招請して鎮座と伝えられる六所神社。創建時には勧請元に合わせ大國魂神社の社号でしたが、その後、平安時代に府中の大國魂神社が「武蔵総社六所宮」へと社号を変えると、こちらも六所神社へと変更していたようです。なお、府中の大國魂神社は明治時代に社号を変更しています。
 さて六所の意味ですが、これは大國魂神社が武蔵総社として祀っている六ケ所の神様に由来しています。まず多摩市の小野大神(小野神社)、あきる野市の小川大神(二宮)、さいたま市大宮区の氷川大神(氷川神社)、秩父市の秩父大神(秩父神社)、埼玉県上川町の金佐奈大神(金鑚神社)、そして横浜市緑区の杉山大神(杉山神社)となります。
 明治に入って村社に列格し、そして神饌幣帛料供進神社にも指定された重要な神社でした。そして、現在、御祭神に名を連ねる天照皇大神は給田にあった無格社 神明社を合祀した際にお祀りされたものです。

私見ですが

 何度か参拝をしていますが、何故か毎回、夏の盛りの暑い晴れた空。暑い暑いと思いながら境内に入ると本殿裏に広がる木立が鎮守の森の様相で、一気に涼やかな空気に包まれる思いがします。
 御朱印はされていないと聞いていますが、そんな事は神社の価値を決めるものではありません。清浄で凛とした空気が大切なんだよ!と思う神社です。

お気に入り度
 ★★★
雰囲気
 ★★★★
アクセス(駅近、駐車場など)
 ★★★

神社概要

【御祭神】大国魂大神天照皇大神、小野大神、小川大神、氷川大神、秩父市の秩父大神、金佐奈大神、杉山大神

【社殿】

【鎮座地】世田谷区給田1-3-7

【アクセス】 京王線 仙川駅から徒歩10分
          千歳烏山駅から徒歩12分

【創建】 不詳

【社格】 旧村社

【境内社】 稲荷神社

【例祭】 10月2日

【氏子】 給田1-5丁目

【ご朱印】 なし

※  特記なし

【ご朱印帳】 なし

【HP】 東京都神社庁

【SNS】 なし

地図

神社お得意のご利益

関連

大國魂神社

ひと足伸ばして