大原稲荷神社

はぐさ稲荷

御由緒

 元禄15(1702)年の検地水帳で今の境内地に稲荷社が記されていて、天明2(1782)年5月、京都伏見稲荷本宮に請願し本宮正官御殿預 羽倉摂津守 荷田宿禰信邦氏により安鎮之證を拝受ししています。それ以後、大原の鎮守として現在に続いています。
 勧請の謂れから「羽倉稲荷」と称していた事があるようですが、これが訛って「はぐさ稲荷」とも呼ばれるようになりました。明治に入ってからは大原町の他、代田町の一部の鎮守にもなって、昭和16年に氏子55戸と記録されています。

お気に入り度
 ★★
雰囲気
 ★★
アクセス(駅近、駐車場など)
 ★★★★★

神社概要

【御祭神】倉稲魂命

【社殿】

【鎮座地】東京都世田谷区大原2-29-21

【アクセス】京王線 代田橋駅から徒歩1分

【創建】不詳(元禄15年・1702年以前)

【社格】旧村社

【境内社】

【例祭】 9月第2日曜

【氏子】大原

【ご朱印】あり

※ 特記なし

【ご朱印帳】なし

【HP】 東京都神社庁

【SNS】なし

地図

神社お得意のご利益

ひと足伸ばして

ギャラリー