大蔵 氷川神社

御由緒

 世田谷区大蔵の鎮守、大蔵の氷川神社。御神体は束幣姿で金身黒色、玉眼が施された80cm程の木彫立像と言われています。鎌倉時代の暦仁元年(1238年)、江戸氏が勧請したと言われるのが創建の由緒です。
 拝殿には嘉永5(1582)年のと記された天の岩戸の奉納額と年号不明の氷川祭礼の図、宇治川先障の図などの大額が掲げられています。

お気に入り度
 ★★★
雰囲気
 ★★★
アクセス(駅近、駐車場など)
 ★★★

神社概要

【御祭神】大己責命素盞嗚尊等五座

【社殿】

【鎮座地】 東京都世田谷区大蔵6-6-7

【アクセス】小田急線 成城学園前駅から徒歩27分

東急線 二子玉川駅から徒歩28分

【創建】 暦仁元年(1238年)

【社格】

【境内社】愛宕社、7つ宮

【例祭】10月2日

【氏子】大蔵2、4、6丁目

【ご朱印】

※ 特記なし

【ご朱印帳】

【HP】 なし

【SNS】 なし

地図

神社お得意のご利益

ひと足伸ばして