勝利八幡神社

御由緒

 平安時代の万寿3(1026)年、石清水八幡宮より勧請、創建された神社でせう。
明治40(1907)年9月、上北沢四丁目に鎮座していた山谷稲荷神社の御神体を合祀しています。
 天明8(1788)年、社殿が再建され世田谷区指定有形文化財に指定されていますが、現在の社殿は、昭和43(1968)年に再建したもので、旧本殿は覆殿に保管されています。
 「勝利八幡神社」というのは珍しい社号ですが、日露戦争で出征した氏子さんたちに戦死者がでず、無事帰還したことから呼ばれるようになったようです。
 近くには日大のグランドもあり、スポーツ関連の参拝者が多いようです。

お気に入り度
 ★★★★
雰囲気
 ★★★
アクセス(駅近、駐車場など)
 ★★★

神社概要

【御祭神】 誉田別命

【社殿】

【鎮座地】 東京都世田谷区桜上水3-21-6

【アクセス】 京王線 桜上水駅から徒歩8分

【創建】 万寿3年(1026年)

【社格】 旧村社

【境内社】天祖神社、稲荷神社

【例祭】 体育の日

【氏子】 上北沢

【ご朱印】 あり

※  特記なし

【ご朱印帳】 あり

【HP】なし

【SNS】 なし

地図

神社お得意のご利益

金運、勝運

ひと足伸ばして